夏になると、ホームセンターとかで苔玉などが売られ初めますよね。

苔って、山の涼しい場所に多いので、見るだけで涼しげで良いもんです。

今回は、そんな涼しげな苔玉を作ってみたので紹介したいと思います。

格安な苔玉の作り方

今回は、ホームセンターで材料を揃えましたが100均でも材料は揃えられると思います。

安く済ませたい人は、100均の材料と置き換えてみてください。

苔玉作りに必要な材料

簡単に、苔玉作りに必要な材料を紹介したいと思います。

  • 小鉢の植物
  • 水苔
  • 幹巻テープ(麻布)
  • 綿糸

今回、用意した小鉢はこんな感じです。

カインズホームで一鉢150円でした。

100均でもこの手の植物はあるので、置き換える事ができると思います。

ただ、ホームセンターだと種類が多いので選べます。

次に、保水をしてくれる水苔。

これも、100均で売ってる所があるようです。
ただ、ホームセンターで売ってるのとは違って、保水力がないようです。

これは、カインズで400円くらいでした。

次に、幹巻テープです。

これは、木の幹に巻くテープなんですが、小鉢に良いサイズだったので、これを使いましたが、麻布でしたら何でも良いと思います。

100均でも、麻布が売っているので置き換えが可能です。

次に綿糸です。

これは、ポリエステルなんかよりも切れやすので、逆に植物が落ち着いた時に風化してなくなるので綿糸にしました。

最後に、苔です。

これは、ハイゴケやシノブゴケが良いと思います。

苔はさすがに100均では売ってないので、ホームセンターなどで購入するか、山で採取か、ヤフオクなどで探してみてください。

苔玉の作り方

では、苔玉を作ってみましょう。

幹巻テープをこんな感じでカットします。

用意した小鉢の植物の鉢を取ります。

こんな感じで巻いていきます。

サイズ確認。

水に浸した水苔を敷きます。

こんな感じに、麻布と植物の間に水苔を入れます。

巻き方は、簡単で下の端と端をあわせます。

下をオムツのように巻込みます。

後は、上の端と端を巻いて丸くします。

その後、綿糸でグルグル巻にします。

グルグル~

適当にグルグル巻いたらこんな感じになりました。

下からみたら、こんな感じです。

こうなったら、苔を巻く作業がしやすくなります。

一つ下処理が出来上がりです。

次は、これを苔玉にしたいと思います。

グルグルっと綿糸巻き。

じゃじゃん!

2つできました。

そして、このダバリアですが、トキワシノブに似ているシノブ科なので、バラしてトキワシノブの玉にしたいと思います。

根がこんな感じでトキワシノブに似ています。

これをバラしてみたいと思います。

こんな感じでバラバラになりました。

今回は、水苔を多めにして、玉を2つ作ります。

こんな感じで・・・

バフンウニみたい。

これにダバリアを巻いていきます。

グルグルしたらこんな感じです。

いい感じですね。

これで自然に根が回ると良いですね。

苔巻き

いよいよ、苔を巻いていきます。

苔は、ちぎれても良いのでこんな感じで、引き伸ばして下さい。

ちぎれても増えるので、問題ないです。

こんな感じで苔を巻きます。

ビッチリ巻かなくても隙間が空いても落ち着くと増えるので、こんな感じで巻きましょう。

できたのは、こんな苔玉です。

こんな感じで、苔が成長をするのを待ちます。

最後に、ダバリア玉(トキワシノブ玉)を吊るしてみたいと思います。

用意したのは、100均のシュロ縄。

あれば、麻ひもで良いと思います。

シュロ縄を水で湿らして、ある程度の長さで置きます。

玉の頂点で八方向に巻いていきます。

後ろからみると、こんな感じに仕上がります。

これを、上で輪を作って吊るせるようにします。

こんな感じに仕上がりました。

まとめ

今回は、簡単にできる苔玉を紹介しました。

今回の苔玉の特徴は、小鉢の土を残してそのまま使用するのと、麻布を巻いて1工程増えますが、崩れることなく玉にできることです。

土を配合したり、ケト土を使って形成したりと面倒な手間はありません。

土も配合によっては、水を吸いすぎて根腐れしたり、ケト土などを使って土が固くなったりということはないので、良いと思います。

こんな感じで、少し様子をみたいと思います。

 

アルミニューム エッチングをやってみた!

エッチングとは、エッチング液(腐食液)を使用して、金属を腐食して凹凸をつけてデザインをする手法で、美術などにも使われる手法のようです。

エッチング液は、東急ハンズの美術の材料の所にも置いてありました。

早速!エッチングをやってみよう!

f:id:lurecrew:20170201233141j:plain

これが、エッチング液です。

f:id:lurecrew:20170201233146j:plain

裏には、廃液処理剤もあります。
エッチング液自体はエッチングを終えると、有害になるので廃液処理剤で廃液処理をして処理をします。

ただ、ある程度エッチング液は繰り返し使えるので、ある程度使ったら廃液処理をします。説明書もあるので良く読んで処理しましょう。

エッチングするアルミプレート

f:id:lurecrew:20170201233200j:plain

アルミプレートは、こんな感じでエッチングをしたくない場所を隠します。

今回は、カッティングマシンを使用して文字を切り抜きました。

エッチングする容器

f:id:lurecrew:20170201233156j:plain

こんな感じでエッチングしたいと思います。

ジップロックに入れても可能ですが、反応を見ながらエッチングをしたいので、こんな感じでやります。

f:id:lurecrew:20170201233214j:plain

内側の容器にはエッチング液を入れて、外側にはお湯を入れます。

エッチング液を温めると腐食が進むのでこのように2重にしてエッチングをします。

注意点は、エッチング液は直接触らないようにゴム手袋をしてやりましょう。
エッチング液に入っているアルミのプレートは、割り箸などの木やプラスチックの箸を使うと良いと思います。

あと、台所のステンレスのシンクなどでやると、腐食して錆びてしまうので下に何かを敷いてやりましょう。

エッチング液でエッチング処理

f:id:lurecrew:20170201233218j:plain

腐食が始まるとこんな感じで泡が出てきます。

シュワシュワっと音が鳴るので、何度か確認をしながら処理を進めます。

f:id:lurecrew:20170201233223j:plain

腐食が終わると、腐食部分が黒くなります。

エッチングの仕上がり

カッティングシールを剥がして、仕上がりを確認。

f:id:lurecrew:20170201233228j:plain

文字反転しているのは、深めにエッチングしました。

f:id:lurecrew:20170201233210j:plain

こちらは、腐食を少しにしました。

まとめ

後は、これを磨いて綺麗にします。

これなら、何個か作って友だちにあげても面白いかもしれませんね。

文字をエッチングして、プレゼントでも良いですね。

エッチング液(腐食液)

廃液処理剤

カッティングマシン-シルエット カメオ2

シルエット カメオ2の刃が交換できるカッターセット

シルエット カメオ2というカッティングマシンを去年購入しました。

とても便利で大活躍しています!

シルエットカメオの関連記事

過去のシルエットカメオの記事はこちら。

シルエット カメオ2 カッターセット (60°、45°、30°)

徐々に慣れてきて、色んな事に使おうと思い練習でカットをしていました。
ただ、シルエット カメオに限らず、カッティング マシンには消耗品があります。

それが、カッターの刃です。

純正のカッターだと、カートリッジごと交換をしないといけなくて、意外と勿体無いし出刃の調整も面倒だったりします。

そこで、購入したのがこちら。

f:id:lurecrew:20170116133050j:plain

下がカートリッジで上のケースは替刃になります。

右から60°、45°、30°になります。

f:id:lurecrew:20170116132948j:plain

セット内容は、カートリッジと刃とバネです。

こちらは45°。

f:id:lurecrew:20170116132954j:plain

赤いキャップを取ると、刃の部分が出てきます。

f:id:lurecrew:20170116132958j:plain

それでは、カートリッジに装着してみます。

f:id:lurecrew:20170116133014j:plain

カートリッジの裏側が出刃を調整できる個所になっていて、ここにはスプリングなど色々入っているので、外さないようにします。

ですので、出来るだけ閉めた(刃を出す)ように回しておきます。

f:id:lurecrew:20170116133002j:plain

刃の部分を開けます。

f:id:lurecrew:20170116133006j:plain

刃を差し込みます。

こんな感じ。

f:id:lurecrew:20170116133010j:plain

次にバネを刃にはめ込みます。

f:id:lurecrew:20170116133018j:plain

後は、キャップをしたら出来上がり。

刃が出ている状態がこんな感じで、これを調整していきます。

f:id:lurecrew:20170116133022j:plain

純正のカートリッジと比べてみます。

上が純正。

f:id:lurecrew:20170116133026j:plain

純正の出刃の調整は、この矢印の赤い印を番号に合わせます。

f:id:lurecrew:20170116133030j:plain

合わせる方法は、このアダプタを使います。

f:id:lurecrew:20170116133034j:plain

アダプタをはめ込んで、出したい数字に合わせます。

f:id:lurecrew:20170116133038j:plain

そうすると、好みの刃の位置に調整してくれます。

ただ、これだと数字意外の刃の出具合にはならいようになっています。

f:id:lurecrew:20170116133042j:plain

今回買ったカートリッジは、結構使えそう。

f:id:lurecrew:20170116133045j:plain

刃はこんな感じです。

f:id:lurecrew:20170116141445j:plain

実際にシルエット カメオ2に装着してみました。

若干、キツイ感じがしますが、入らない事はありませんでした。

使ってみて

実際に使ってみて、カッターの切れ味が抜群で、純正の物より切れる感じがします。

カットするものによって角度を変えられるので、凄く良いと思います。

これで、刃のことを考えずにどんどんカットできます。

まとめ

このカッターは、昨日記事にしたAliExpressで購入しました。

【個人輸入】AliExpressで商品を注文したら9日で届いた!意外に早くてビックリ!

中国からの発送にも関わらず9日で届いたので、優良会社だと思いました。
個人輸入も悪くないと思いますよ。

因みにこちらから、購入しました。

興味のある方は是非。

シルエット カメオ ホルダー+カッター15本(60°)




シルエット カメオ ホルダー+カッター15本(45°)




シルエット カメオ ホルダー+カッター15本(30)




シルエット カメオ ホルダー+カッター15本(30°,45°,60°)




いよいよ自作Tシャツを作りたいと思います。

取り敢えず、胸元にロゴを入れてみます。

サンラバーを使ってTシャツにロゴを入れる

TAIYO-SEIKIのサンラバーという商品。
これをカッティングして、Tシャツに貼り付けます。
このサンラバーという商品、発色も良くアイロンで転写が可能なシートなんです。

ラバーなので、ストレッチ素材にもOKで、ハサミやカッターで自由にカットしても使えるので、器用な人は簡単に作成できてしまうのではないでしょうか?

商品には、A4ラバーシートが2枚とシリコン紙が付属しています。

転写シートのカット

先日、購入したカッティング マシン シルエット カメオ2でカッティングをしました。

【レビュー】シルエット カメオ2を買った。Adobe Illustratorで使えるようにする。

f:id:lurecrew:20161104010120j:plain

少し、圧が弱かったのか、回数が少なかったのか若干切り取りずらかったです。

f:id:lurecrew:20161104010131j:plain

こんな感じで、剥がしていきます。

f:id:lurecrew:20161104010542j:plain

やっぱり、圧が足りなかったのかな?
ロゴ付近は、細すぎてカット出来てませんでした。

f:id:lurecrew:20161104010554j:plain

今回は、ロゴは無しでやってみます。

カッティングマシンが無くても、カットしたい文字 ・図柄をカッターナイフでカットして使用できます。
注意:カット方法は、裏面より転写シートのみ鏡面カット(逆さ切り)にします。そうしないと、圧着した時に逆さになってしまいます。

トリミング

必要な大きさにハサミでカットし、回 りのいらない箇所は、裏面より端からはがし文字だけをフィルムに残す。

いらないところのシートを取り外す時は、ピンセットを使うとやりやすかったです。

レイアウト

貼りたい場所に、フィルムを上にして配置します。

f:id:lurecrew:20161104010241j:plain

テンプレートなんかあると便利かもしれませんね。

アイロンプレス

透明フイルム側からア イロンでプレスする。
コツは、アイロンの温度は 150度(中温)で1箇所15秒位体重をかけるようにしっかり上から押さえつける。
こすっちゃダメです。

ある程度、定着すれば良いようです。

アイロンプレス後、冷めてから透明フィルムをはがします。
フィルムがきれいにはがれないときは再度その部分にアイロンでプレスをします。

f:id:lurecrew:20161104010228j:plain

若干浮いてますが、二回目のプレスで貼り付きます。

二度目のプレス

f:id:lurecrew:20161104010149j:plain

f:id:lurecrew:20161104010459j:plain

次は、シリコン紙を使用して、再度プレスをします。
これでやっと生地に馴染みました。

メーカーの注意事項

  • 綿・綿ポリ混紡・ポリエステル100%・ナイロン100%素材にプリントできますが、撥水加工生地にはプリントできません。
  • アイロンで押さえる時、スチームは出さないで下さい。また、スチームの穴は、避けてプレスしてください。
  • アイロンはこすらないで下さい。
  • 圧力と熱を加えて転写しますので、圧力と熱が弱すぎるときれいに転写されません。転写されないときは再度アイロンで強く押さえつけて下さい。
  • 普通の洗濯はOKですが熱乾燥機、ドライクリーニングはさけて下さい。
  • 転写プリント面にアイロンをかける場合は、必ずシリコンシートの表面を転写プリント部分にあてアイロンしてください。 そのままではアイロンをかけられません。(シリコン紙は2~3回使えます。)
  • 布地に転写されたものは、はがすことができませんのでテストをしてから本番をして下さい。また失敗の責任は負いかねますのでご了承下さい。

まとめ

初めは、本当にこれでくっつくのか不安でしたが、意外としっかり貼り付きました。
コツをつかめば、簡単にプレスできると思いました。

コツは、説明にも書いてますが、冷めてからフィルムを剥がす。これが、重要です。

後は、二度目のプレスでしっかりと貼り付きます。

これで、色んなカットに挑戦したと思います。
やってるうちに、慣れてくると思います。

カッティングマシンとサンラバーのデメリットをあげるとしたら・・・

  • 細かいデザインはカットできない。
  • 色は、限られている。

くらいでしょうか。

デメリットに注意していれば、色あせや耐久性があるので、かなりオススメです。

Tシャツにプリントできるサンラバー

以前に、自作Tシャツをやってみたいと言うことで、紹介をした方法の一つで、カッティングマシンでやる方法を書きましたが、今回は、それに使うカッティングマシンを購入しました。

【以前の記事】【やってみたい】自作でプリントTシャツを作成するには?方法を考えてみる。 – LURECREW

やっぱりカッティングマシーンは良かった!

f:id:lurecrew:20160902114340j:plain

f:id:lurecrew:20161102114857j:plain

タッチパネルがカッコいい!

f:id:lurecrew:20161102114940j:plain

f:id:lurecrew:20161102114932j:plain

f:id:lurecrew:20161102114928j:plain

これが、カッター。
数字は、刃の出る具合を調整します。

Adobe Illustratorで、シルエット カメオ2を動かす。

1.Cutting Master 2 v2.00をインストール

まず、公式サイトからCutting Master 2 v2.00をダウンロードします。
下記URLより、ダウンロードしてください。

【公式サイト】Craft ROBOシリーズ ダウンロード|グラフテック株式会社

ダウンロードした、ファイルをクリックして、解凍先を選択します。

解凍されると、下記のようなファイルが出てきます。

f:id:lurecrew:20161102112041p:plain

【Autorun.exe】をクリックして実行する。

f:id:lurecrew:20161102112108p:plain

設定言語の選択で「日本語」を選択してOK

f:id:lurecrew:20161102112109p:plain

次に、インストールソフトウェアの選択。
Cutting Master 2 for CraftROBO 2.00とJapaneseを選択して「次へ」

f:id:lurecrew:20161102112110p:plain

InstallShieldWizard発動~セットアップへようこそ

f:id:lurecrew:20161102112111p:plain

使用許諾契約(はい)

f:id:lurecrew:20161102112114p:plain

機能の選択(次へ)

f:id:lurecrew:20161102112115p:plain

プログラムフォルダの選択(次へ)

f:id:lurecrew:20161102112116p:plain

デスクトップにアイコンをインストール 「次へ」

f:id:lurecrew:20161102112117p:plain

f:id:lurecrew:20161102112118p:plain

f:id:lurecrew:20161102112122p:plain

ここでようやく、プラグインのインストールを行います。
32bitと64bitとも両方インストールします。

f:id:lurecrew:20161102112123p:plain

f:id:lurecrew:20161102112126p:plain

f:id:lurecrew:20161102112127p:plain

アプリケーションの環境設定を初期化しますか? ここは「はい」にしました。

f:id:lurecrew:20161102112128p:plain

これで、インストール完了です。

シルエット カメオ2のドライバー インストール

下記URLからパソコンにあったドライバーをインストールします。

【公式サイト】小型カッティングマシン silhouette CAMEO

f:id:lurecrew:20161102112129p:plain

f:id:lurecrew:20161102112131p:plain

ダウンロードしたファイルを解凍して、フォルダの中身を確認。

64bitなので、「GDSETUP64.EXE」をクリックして実行しました。

f:id:lurecrew:20161102112132p:plain

ドライバーインストール「OK」

f:id:lurecrew:20161102112133p:plain

こちらも「次へ」

f:id:lurecrew:20161102112134p:plain

「次へ」をクリック

f:id:lurecrew:20161102112136p:plain

Silhouette CAMEO 2を選択して、「次へ」

f:id:lurecrew:20161102112105p:plain

f:id:lurecrew:20161102112106p:plain

これで、インストールが完了!

Adobe Illustratorでシルエット カメオ2を動かす。

f:id:lurecrew:20161102112154p:plain

Cutting Master Robo 2から「カット・プロット」を選択

f:id:lurecrew:20161102112155p:plain

ここでは、CraftROBO cc330-20を選択して「次へ」

f:id:lurecrew:20161102112156p:plain

Silhouette CAMEO2(任意)と記入して「次へ」

f:id:lurecrew:20161102112157p:plain

PORTPROMPT:を選択して、「完了」

カット・プロット

後は、必要な設定をしてカットします。

f:id:lurecrew:20161102112206p:plain

私は、

速度:1cm/s
カット圧:1
線の種類:1
パス回数:2
厚みのないシートだったので、こんな感じにしました。

では!カッティング!!

f:id:lurecrew:20161102114902j:plain

動いてます。

f:id:lurecrew:20161102114923j:plain

でも、意外とうるさい!!

f:id:lurecrew:20161102114917j:plain

こんな感じで、カッティングが完了しました。
いイイ感じ!!

まとめ

意外と、簡単にカットが終わって、色々カットするのが楽しみです。
バイクのカッティングシートなんかも作れる~!!

これは、仕事でも使えるので買って正解でした!!

次は、いよいよTシャツを作ってみたいと思います。

ワクワク。

先日、購入した原付きバイクのボディの塗装を考えるのに、適当にスプレーを選んできました。

スプレーを買ってきたのは、シルバーとマットブラック、マットクリアです。

黒のプラスティック板があったので、塗装してみました。

因みに、下処理はしてません。

原付きバイクの塗装テスト

結果は、こちら。

f:id:lurecrew:20161030225626j:plain

塗装って、難しいですね。

下地もしてないので、シルバーはムラが出てしまいました。
ただ、マット系(つや消し)は塗装が下手な私でも、うまくいった感じではあります。

ただ、マットブラックのみだと何だか、少し凹凸感がでてしまいますね。
マットクリアを上塗りする事で、少し上品で落ち着いた感じに仕上がりました。

マットクリアのみでも、いい感じに仕上がっているので、マットクリアで仕上げるのが良いと思いました。

まとめ

これで後は、配色を考えます。
マットブラックは、気に入ってるのでサイドの塗装に使って、
後は、フロントの真ん中とメットインの横のボディの色を決めてから、
また、試しでテスト塗装してみます。

工程を考えると・・・

  1. 塗装の剥離
  2. 油分落とし
  3. 下地塗装(プラサフってやつ?)
  4. つや消しブラック塗装
  5. つや消しクリア塗装
  6. コンパウンドで磨く

後は、コンパウンド買ってきて、テスト磨きもしたい。

今回、塗装したのは雨ざらしにして、様子も見てみたいと思います。

そして、マットクリア(つや消しクリア)は、やっぱり耐久があるのが良いかもしれませんね。

f:id:lurecrew:20160917225822j:plain

手書きで描くTシャツプリント

用意するもの

  • 布用の絵の具

布用の絵の具というのがあるようです。
でも、100均のアクリル絵の具でも描けるようです。

メリット

  • コスト安い
  • 直ぐにできる!

デメリット

  • 直接描くので上手くないとチョット恥ずかしい
  • 均等に塗布出来ない場合がある。
  • 時間が経つと薄れる

これは、チョット置いておいて・・・
でも子供と遊びながら描くなら良いかもしれない。

シルクスクリーンでTシャツプリント

用意するもの

  • シルクスクリーン(枠付き)
  • インク
  • スクイージー
  • 赤外線ランプ
  • プリンター
  • OHPフィルム シート(インジェクトプリント用)
  • スプレーのり

これ揃えたら業者のようですね。
でも、セットで売ってるものあるので、それを購入したらできるか?

方法

  1. 方法は、シルクスクリーンに紫外線の塗料(感光乳剤)を塗ります。
    (この感光乳剤は、水に溶けるが紫外線に当たると固まるといった特徴があります。)
  2. OHPフィルムシートにインジェクトプリンターで反転をさせて印刷する。
  3. シルクスクリーンにスプレーのりでOHPフィルムシートを貼り付ける。
  4. 紫外線ランプで感光する。
  5. シルクスクリーンを水で洗い流す。
  6. Tシャツにシルクスクリーンの版を乗せてインクを塗布する。
  7. 後は、そのシルクスクリーンの版で何枚もTシャツに刷る。

メリット

  • 綺麗にプリントできる。
  • 多色でも可能
  • 細かい部分まで再現できる。
  • 平らな物なら応用ができる。
  • 版を作れば何枚も刷れる。

デメリット

  • コストが掛かる
  • 時間が経つと薄れやすい(あじが出る?)

シルクスクリーンキット TシャツくんJr

www.youtube.com

これがあれば、出来るのか~

カッティングシートでTシャツプリント

用意するもの

  • カッティングマシーン
  • デザインソフト
  • ラバーカッティングシート
  • アイロン

初期投資が必要ですね。
でも、買ってしまえば仕事にも使えそう。

方法

  1. デザインをしたものをカッティングマシーンでラバーシートをカッティングする。
  2. Tシャツに乗せてアイロンで貼り付ける。

メリット

  • 一度カッティングしてしまえば、アイロンのみの作業
  • 洗っても丈夫。
  • シルクスクリーンより耐久性がある。
  • カッティングマシーンは、他にも使える。

デメリット

  • コストがシルクスクリーンより掛かる
  • 初期投資がシルクスクリーンより掛かる

カッティングマシーンとラバーシート

www.youtube.com

カッティングマシーンカッコ良いですね。
これと、ラバーシートがあれば出来るらしい。
これあれば、店舗や車のカッティングシートの仕事とかでもできるね。

インジェクトプリンター用のプリントシートでプリントTシャツ

用意するもの

  • インジェクト用Tシャツプリントシート
  • インジェクトプリンター
  • アイロン

量販店にでも売ってるので、直ぐにできる。

方法

  1. インジェクトプリンターで印刷
  2. 後は、アイロンで圧着

メリット

  • 簡単にできる。
  • 枚数が少ないなら安上がり。

デメリット

  • 画質の仕上がりがプリンター任せ
  • シートでのプリントなので、着た時にその一部分のみ厚みがでる。
  • プリント部分がごわつく
  • 洗濯すると薄れていく

サンアートJET

まとめ

クオリティが高いのは、シルクスクリーンかカッティングマシンでしょうか?
仕事でも使えそうです。

今有力なのは、カッティングマシンかな?

他にも直接プリントする機械とか、熱転写機をつかうやつとか・・・
色々あるけど、機械が高いので除外しました。