Fujifilm Xシリーズのレンズもだいぶ揃ってきましたね。

    私が、Fujifilmにシフトする際もこのフジノン レンズのロードマップのレンズ郡を見て「これなら期待ができる」と思って、Fujifilmへ移行しました。

    今では、購入が追いつかない程、凄く良いレンズが次々と出てきています。

    そんな、Xシリーズをお使いの方に、今後の予想と噂をまとめてみました。

    優秀な富士フィルム フジノンのレンズ郡

    非常に評判の高い富士フィルムのレンズ郡 フジノン レンズ。
    次々と、Xシリーズのレンズが発売されています。

    そんな富士フィルムのフジノン レンズの噂などをまとめていきたいと思います。

    この記事は、今後も更新していきたいと思います。

    フジフィルム フジノン レンズ ロードマップ

    2018年7月20日更新 ロードマップ

     

    そろそろ発表されそうなフジノン レンズ

    • XF 33mm F1 R WR (確定)~2020年
    • XF 16mm R2.8 R WR (確定)~2019年
    • XF 16-80mm F4 R OIS WR (確定)~2019年

    開発中のフジノンレンズ(噂あり)

    •  

    ようやく、XF 200mm F2とXF 8-16mmが発表になりましたね。

    XF 200mmはやはり玉が大きくなりましが、すごく期待のできるレンズだと思います。

    XF 8-16mmは、前玉が出ている出目金なレンズでした。
    期待していたひとは、ちょっとガッカリしたのではないでしょうか?
    しかし、超広角のズームレンズの登場で、撮影の幅が広がりますね。

    単焦点のF2シリーズは、XF 23mmとXF 35mmとXF 50mmが既に発売されていて、凄く人気のあるレンズだそうです。
    取り敢えず、F2シリーズはこれで終わり?それとも?

    発売されたフジノン レンズ

    XF 200mm F2 R LM OIS WR(発売日:2018年)

    Tele Converter XF1.4X TC F2 WR (発売日:2018年)

    XF 8-16mm F2.8 R LM WR(発売日:2018年)

    MK18-55mm T2.9 X Mount

    MK50-135mm T2.9 X Mount

    XF 80mm R LM OIS WR Macro(変更:XF120mmF2.8 R Macro)

    XF50mmF2 R WR (2017年2月23日)

    まとめ

    Fujifilm Xシリーズのボディも魅力的ですが、レンズは本当に楽しみですね。

    高級なレンズが出揃ってきましたね。

    私は、必要ないので買いませんが、レビューが気になりますね。

    先日、ダイソーを覗いたら、USB扇風機がありました。

    どこかで、見たと思ったら、充電式の携帯扇風機が売られていました。

    ダイソーのUSB扇風機はどうなの?

    見かけた扇風機がこれです。

    なんと!300円は安いですね。

    パッケージを確認。

    USBのみで動作するようです。

    ここがポイントですね。

    この扇風機は、携帯扇風機と同じ本体なんですが、USBのみで動作するとい物でした。

    という事は、肝心のリチュウムバッテリーが無いんですね。

    本来であれば、こんな感じのバッテリーが付属しているのですが、格安の扇風機という事で、バッテリーは付属していませんでした。

    ただ、モバイルバッテリーでUSB接続すれば、外でも使えるので良いかもしれませんね。

    他にも、こんな感じの扇風機が売られてました。

    これは、霧吹き付きでミストファンになる感じですね。

    2018 ダイソー (100円ショップ)携帯扇風機ラインナップ

    今年もダイソーに携帯扇風機が揃いましたね。

    この辺は、ハンディ系のファンが並んでいます。

    お決まりの携帯ファンですね。

    今年もミスト系の扇風機が良いですね。

    ミストがあると、涼しいですからね。

    この辺は、USBの扇風機(USB mini FAN)

    こちらもUSBのスタンドファン。

    可愛らしいスタンドファン扇風機。

    これみると、昔のフラワーロックを思い出しますね。

    その他のオススメ携帯扇風機

    オススメの携帯扇風機を集めてみました。

    こちらも、是非、参考にしてみてください。

    ミストが気持ちいい!Welltop USB充電式の携帯扇風機




    ビンウォー(BINWO) のUSB卓上扇風機

    ビンウォー(BINWO) USB扇風機,静音 節電 360度回転 4枚羽根 持ち易い コンパクト 卓上扇風機 涼しい(4インチ, ブラック)

    おすすめポイント

    • 卓上の扇風機なので倒れにくい。
    • モバイルバッテリーで動作可能。

    気になる点

    • 大きい割には風力が弱い。
    • バッテリー式ではない。



    今年一押しのオススメ携帯扇風機!登場!

    Dreamegg 携帯扇風機 USB扇風機 充電式でモバイル 手持ち ファン 風量3段階調節 小型なのに驚きの風量

    おすすめポイント

    • 小型なのに強力!
    • 卓上ホルダがあるので便利!
    • 弱で最大10時間可能!



    自撮り好きにオススメ!自撮り棒付き携帯扇風機 

    E-More 3イン1 自撮り棒&扇風機  卓上/携带ファン usb充電 風量3段切れ替え 4枚羽根 スマホ充電できる スイッチ付き 手持ち扇風機 usbファン 小型  Samsung、iphoneなどを対応 (blue)

    残念ながら、私が購入したものは不良品でしたが、普通に使えれば面白いかもしれません。 自撮り好きには良いかもしれませんね。

    おすすめポイント

    • 自撮り棒付き!
    • シャッターボタン付き!



    風力最強!VersionTechの小型扇風機がオススメ!




    オススメ!E-Moreのミスト式 卓上扇風機




    まとめ

    さすがダイソー!ですね。

    本体が壊れたら、この300円の携帯扇風機を買っても良いかもしれませんね。

    バッテリーは流用できますしね。

    以前から発表されていたAFアダプターがいよいよ発売されました!

    色んなメーカーから発売されていますが、今回はKIPONから発売!!

    Canon EFレンズのAFをFujifilm Xシリーズで使うアダプター!

    今回のAFアダプターは、2種類です。

    KIPON EF-FX AF Canon EFマウント-富士フィルム Xマウントアダプター

    1つ目は、こちら!!

    • 対応レンズマウント:キヤノンEFレンズ、EF-Sレンズに対応。
    • 対応カメラ本体マウント:富士フィルム Xシリーズマウント。
    • キヤノンEFレンズは勿論、EF-Sレンズにも対応しており、電子コントロール、絞り制御、AF撮影が可能です。
    • 対応レンズの手ブレ補正機構に対応していますので、撮影時の手ブレを防げます。
    • 撮影した画像の焦点距離、露出などの情報はExifデータとして記録できます。

    KIPON EF-FX AF 0.7x Canon EFマウント-富士フィルム Xマウントアダプター

      • 対応レンズマウント:キヤノンEFレンズ、EF-Sレンズに対応。
      • 対応カメラ本体マウント:富士フィルム Xシリーズマウント。
      • キヤノンEFレンズは勿論、EF-Sレンズにも対応しており、電子コントロール、絞り制御、AF撮影が可能、フォーカルレデューサーレンズ搭載です。
      • マウントアダプターに0.7倍相当のレデューサーレンズを搭載。ケラレを防ぐだけでなく明るさも少し明るくなります。
    • 対応レンズの手ブレ補正機構に対応、撮影した画像の焦点距離、露出などの情報はExifデータとして記録できます。

    KIPON EF-FX AFの対応表

    気になるレンズの対応表がこちらです。

    Canon以外にもSigmaやZEISSやTOKINA、TAMRONなども仕様可能です。

    商品のファームウェアのアップデートも今後行われるようなので、随時対応レンズが増えることに期待です。

    日本のサポートも良いので、日本正規品を購入しましょう!

    まとめ

    これで、FujifilmのXマウントの幅が広がりましたね!!

    キャノンのEFレンズ沼に注意!

    知り合いが、Fujifilm X30が壊れたと私に相談をしてきた。

    別に修理が得意とかではないのですが、Fujifilmを使っていて詳しいと思って持ってきたようです。

    よし!直してやろう!

    と意気込んでみたが・・・

    直せるか不安でしたが、取り敢えずカメラを見てみることにしました。

    Fujifilm X30の修理・故障原因を追求

    さてさて、そんなワケでコンデジを修理することになりました。

    友達が言うには、フォーカススイッチがマニュアルだけ効かないとの事。

    Fujifilmは、カメラのフォーカス切り替えスイッチが付いていて、「マニュアル フォーカス」「コンティニュアス フォーカス」「シングル フォーカス」と切り替えられます。

    そのマニュアル フォーカスのみスイッチが効かないらしい。

    このMがマニュアル フォーカスのスイッチです。

    このマニュアル フォーカスにすると?

    確認画面では、マニュアル フォーカスではなくコンティニュアス フォーカスのままでした。

    これは、スイッチが原因かな?

    という事で!!

    じゃじゃ~ん!!

    接点復活スプレー!!

    接点が腐食したか何かで、効かなくなったのかな??

    と原因に当たりをつけて、接点復活スプレーを使って見ることにしました。

    が・・・

    表からだとピンポイントにスプレーができないので、ここでバラして内側からやることに!

    バラして、丁度スイッチが見えるのを確認。

    ただ・・・・

    フラッシュのコンデンサーが現れました。

    これをショートさせるとスパークします。

    凄く危険なので、触ってはダメです。

    恐る恐るスイッチにスプレーをしてみましたが、ダメです。

    マニュアル フォーカスになりません。

    下を開けたついでに、裏のカバーを外して見るとにしました。

    そうすると、何やら怪しいリボン ケーブルを発見!!

    良く見てみると・・・

    だ・・・断線してる?

    何で、こんな所が断線しているか分かりませんが、これが原因かな?

    こんな細いリボン ケーブルの断線を直せるはずもなく・・・・

    こんな特殊なケーブルないだろな~っと、ネットで調べてみると?

    ebayに同じケーブルを発見!!

    超偶然!!

    世界には、色んな物を売って商売する人がいるんだな~と関心。

    友達には、これで直るかわかないけど、これは明らかに断線してるのでやって見る価値はある。

    と伝えて、購入してみることにしました。

    待つこと3週間・・・・

    アメリカから到着しました。

    明らかに、使っていたカメラから部品取りをした商品。

    ま~そうだよね。

    と納得しながら、作業にかかりました。

    リボン ケーブルを交換!!

    いざ!確認!!

    じゃじゃ~ん!!

    MFに変わりました!!

    普通に、マニュアル フォーカスが出来ます!

    他のフォーカスもチェック

    こっちも、問題なし!

    全てチェックして修理完了!!

    まとめ

    今回は、たまたまリボン ケーブルがあったから良かったですが、無ければ普通に修理でウン万円取られていたでしょうね。

    しかし、何であんな所が断線してたのでしょうか?

    ま~とにかく、直って良かったです。