,

【レビュー】オススメ!旅先で大活躍の三脚付き自撮り棒ゲット!

スポンサーリンク

[記事公開日]:2018/03/13[最終更新日]:2018/03/14

この記事は約 4 分で読めます。

海外のバックパッカーから火がついた自撮り棒ですが、今では色んな種類が登場していますよね?

ダイソーなどの100円ショップなどにも、自撮り棒が売られているくらいです。

ただ、自撮り棒って簡単な作りだけに、強度がなくて不安定な物も多くて、
スマホを載せただけでフニャっと折れてしまったりして、使えないものも・・・・

自撮り棒ならXiaomiのセルフィー スティック

そこで、良さげな自撮り棒をゲットしました。

「Xiaomi Selfie Stick Bluetooth Remote Shutter Tripod Holder」です。

Xiaomi(シャオミ)は、アクションカムなどで有名ですよね。

最近では、360°のVRビデオカメラが評判のブランドです。

そのXiaomiのBluetoothリモコン付き自撮り棒が凄く使いやすくてオススメです。

Xiaomiのセルフィー スティック開封

それでは、オープン!

今回、購入したのはGearBestです。

中国からスムーズに届きました。

中身はこんな感じ。

本体と中国語のマニュアル、リモコンです。

しっかりしたパッケージです。

リモコンは、ここにスッポリはまります。

こんな感じ。

リモコンも外れる感じではないので、無くす心配もなさそう。

Xiaomiのセルフィー スティックはコンパクト自撮り棒

畳んでいる状態は、こんな感じです。

これをビロ~ンと開いてから。

手前にクル~ン。

これも、カクっとハマる感じで、勝手に緩んで動く感じでもなくしっかりしている印象。

良く作られてると思う。

Xiaomiの自撮り棒にXperiaを装着

じゃじゃ~ん!!こんな感じでつまんでスマホを固定。

iPhoneなんかも問題なさそう。

このキャッチする部分は、開いているので、ボタン類がかわせるのがポイントですね。

意外と、このボタンをかわすのって課題だったりするんですよね。

この場合は、開いているので、その間にボタンをかわせるようになっています。

そして、ゴム製なので滑って落ちる心配もなさそうで、ガッチリしてます。

Xiaomiの自撮り棒とスマホを接続

それでは、スマホを繋いでみましょう。

まずは、ボタンを長押しで点滅させます。

そうすると、使用可能な機器に番号が表示されていますが、これと接続します。

そうすると、名前が変わって「XMZPG」と表示されました。

これで、ボタンが使用可能です。

Xiaomiの自撮り棒を持ち出してみる

持った感じは、良い感じで凄くしっかりしています。

棒の長さも丁度良いかもしれません。

これが長いと重くなったり、棒がしなって危なげない状態になるんですが、これはいい感じです。

しかし、ホント軽いですね。

そして、おすすめポイントは、このグリップ。

これが・・・・

パカっと!開きます。

そして、立ちます。

自立できるんです。

このバランスも絶妙で、凄い強風でなければ、普通に安定して立っていられます。

伸縮の長さもこの長さが絶妙なんでしょうね。

これで、簡単に集合写真も撮れますね。

まだ、蕾ですが桜の接写も遠隔操作で可能。

高い場所も撮れますね。

この軽さとコンパクトさは最高です。

ポケットに入れても邪魔にならないサイズだと思います。

ホント、軽いのは良いですね。

まとめ

これを見て、嫁が欲しいと言い出して既に狙われています。

コンパクトで機能的なのが気に入ってしまったようです。

凄く、オシャレで軽くて丈夫なのは良いですね。

もう一つ必要になるかも。

しかし、Xiaomi(シャオミ)商品は、見方が変わったので他も検討してみようと思います。


スポンサーリンク
カスタムCSS設定

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット好きなお気楽おじさんです。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply