,

【検証】iPhone7のケースってiPhone8で使えるの?

スポンサーリンク

[記事公開日]:2017/09/26

この記事は約 3 分で読めます。

iPhone8とiPhone8 Plus皆さんゲットしましたか?

最初にiPhone8/iPhone8 Plusを購入した際に必要になってくるのは、ケースとフィルムですよね?

保護フィルムと保護ケースは、iPhone8 保護ケース&保護フィルムiPhone8Plus 保護ケース&保護フィルムでオススメ記事を書きました。

今回は、iPhone7とiPhone7 PlusのケースはiPhone8やiPhone8 Plusに使えるか!?を調べてみました。

iPhone7とiPhone8のサイズの違い

それでは、iPhone7とiPhone8の違いを見ていきましょう。

分かりやすいように、サイズのみを抜粋して表にしてみました。

iPone8 iPhone7
タテ138.4mm (+0.1mm) タテ138.3mm
ヨコ67.3mm (+0.2mm) ヨコ67.1mm
厚さ7.3mm (+0.2mm) 厚さ7.1mm
重さ148g (+10g) 重さ138g

これを見ると、誤差は+0.1mm~+0.2mm程度です。

結果から言うと特に問題ないレベルで、iPhone7のケースが使用可能と言えるでしょう。

少し大きくなった理由としては、ワイヤレス充電に対応した事での大きさだと思います。

  • iPhone8はiPhone7のケースが使用可能!

iPhone7 PlusとiPhone8 Plusのサイズの違い

次に、iPhone7 PlusとiPhone8 Plusの違いをみていきましょう。

先程と同様に表にしてみました。

iPone8 Plus iPhone7 Plus
タテ158.4mm (+0.2mm) タテ158.2mm
ヨコ78.1mm (+0.2mm) ヨコ77.9mm
厚さ7.5mm (+0.2mm) 厚さ7.3mm
重さ202g (+14g) 重さ188g

こしちらも、誤差は0.2mm程度です。

こちらも結果、iPhone7 Plusのケースが使用可能になります。

  • iPhone8 Plusは、iPhone7 Plusのケースを使用可能

iPhone7/iPhone7 Plusのケース使用時の注意点

iPhone7やiPhone7 Plusのケースの使用時の注意点もあります。

iPhone8/iPhone8 Plusになって、新たにワイヤレス充電が追加されました。
そこで、ケースによってはワイヤレス充電に対応できないケースも存在します。

シリコンケースや手帳型ケースは特に問題ないようですが、金属製のケースやバンカーリングなどが付いているケースは、充電ができないので注意したい方が良いです。

この辺は、iPhone8の専用ケースでも言える事だと思います。

その辺を注意して購入すれば特にiPhone7やiPhone7 Plusのケースでも問題なく使用が可能です。

まとめ

iPhone7やiPhone7 Plusのケースなどが使用可能だと選べるケースの幅も広がりますよね。

当サイトでもiPhone7やiPhone7 Plusのケースを紹介しているので、是非、参考にしてみて下さい。

因みに、iPhoneXはサイズが全く違うので、買い換えないとダメのようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply