ASUSのタブレットは、これで2回目。

以前にNexus7をフィリピンで使っていました。

意外と、使いみちがなく手放してしまいましたが、今回の旅行で必要だと感じて購入しました。

やっぱり、軽くて手軽に使えるのが良いところだと思います。

マウスコンピューターのwindowsタブレットも買ったんですが、やっぱりタブレットだとアプリが少ないのでアンドロイドの方がタブレットは良いかもしれません。
スマホもアンドロイド ユーザーなので。

ASUS ZenPad 8.0 Z380Mのスペック

OS タブレット:Android™ 6.0
表示機能 8型 、LEDバックライト 1,280×800ドット(WXGA)
IPS液晶
タッチスクリーン(10点マルチタッチ対応)
アンチフィンガー プリント加工
フルラミネーションディスプレイ
対応CPU MediaTek MT8163
対応メモリ 2GB
ストレージ機能 :16GB
ASUS WebStorageサービス:5GB(永久無料版)
Googleドライブ:100GB (2年間無料版)
グラフィックス機能 Mali-T720 MP2
無線機能 IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.0
カメラ機能 200 万画素Webカメラ(前面)
500 万画素Webカメラ(背面)
インターフェース USBポート: microUSB×1、USB(pogoピン)×1
カードリーダー:
microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード
microSDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
搭載センサー GPS、加速度センサ、光センサ、電子コンパス、磁気センサ
本体カラー ブラック、ホワイト、ローズゴールド
サイズ 123 ×209 ×8.5
質量 350 g

ASUS ZenPad 8.0 Z380Mを開封

それでは、ZenPad8.0 Z380M 開封していきましょう。

f:id:lurecrew:20160826004339j:plain

f:id:lurecrew:20160826004357j:plain

f:id:lurecrew:20160826004412j:plain

中には、本体とUSBケーブル、充電器、説明書が入っていました。

f:id:lurecrew:20160826004437j:plain

まずは、起動テスト。
問題なく動作しました。

ZenPad8.0 Z380Mのケースとガラスフィルムを追加購入

f:id:lurecrew:20160826004505j:plain

とりあえず、ケースに入れてみる。
バッチリです。かっちょえ~

f:id:lurecrew:20160826004523j:plain

続いて、ガラスフィルムです。

f:id:lurecrew:20160826004551j:plain

中身を開けると、何やら入っています。

f:id:lurecrew:20160826004538j:plain

左には説明書。
チャント、日本語も書いてあります。

f:id:lurecrew:20160826004610j:plain

後は、フィルムとクロスとアルコールと粘着シール。
意外とすんなり貼れました。

最後に

ガッカリだった所は、スピーカーと画面ですかね?チョット、宜しくありません。
スピーカーは、上部にあるんですがそんなにいい音ではありません。
画面も色彩はいいのですが、解像度が悪い感じがします。
あと、MicroSDを入れるのに、後ろの蓋を外さないといけないのはチョットいただけません。
ま~そんなに、頻繁に入れ替えるわけではないですが・・・

その他は、特に文句はありません。
サクサク動いて、快適です。

Androidも6.0が入ってます。

VRにおすすめ!簡単Bluetoothワイヤレスリモコン

追記:VRに最適!エアーマウス レビューも書いてみました。

皆さん!最近では、スマホでVRが見れる時代になりましたね。
ただ、スマホでVRを見ている時に、いちいち開けてスマホを操作するのはかなり面倒だと思いませんか?
そこで今回は、こんなものを買ってみました。
私の願いを叶えてくれると思われるBluetooth リモコン!!

スマホ・タブレット用 Bluetooth ワイヤレス リモコン

f:id:lurecrew:20160826011530j:plain

f:id:lurecrew:20160826011542j:plain

中身は、本体と説明書のみ
電池は、付属していません。

Bluetooth リモコンの外観

f:id:lurecrew:20160826011607j:plain

表は、スティック、電源ボタン、ファンクション、ABCDボタン

f:id:lurecrew:20160826011620j:plain

横に、アンドロイドとiOSのボタン切り替えがあります。

f:id:lurecrew:20160826011630j:plain

こちらにも2つボタンがあります。

操作方法

f:id:lurecrew:20160826011640j:plain

電源ボタンを長押しで電源がオンになり、ペアリングモードになります。

f:id:lurecrew:20160826011653j:plain

スマホとペアリングが完了すると、カーソルが出てきます。
これで、操作が可能になります。

このリモコンは、モードが用意されています。

A ミュージック・ビデオモード

@+Aでミュージック・ビデオモード
A:再生⇔一時停止(決定(非画面タッチ))
B:バックボタン
C:音量アップ
D:音量ダウン
スティック:動画の先頭へ

B ゲームモード

@+Bでゲームモード

C VRモード、セルフタイマーモード、ビデオモード

@+CでVRモード・セルフタイマーモード・ビデオモード
A:
B:バックボタン
C:音量アップ
D:音量ダウン
スティック:

D マウスモード

@+Dマウスモード

※iOSの場合は、
@+A ミュージックモード
@+B ランドスケープ ゲームモード
@+C バーティカル ゲームモード
で、アンドロイドと仕様が違うようです。

まとめ

まだ、使い込んでませんがもう少し、使ってボタンの確認をしてみたいと思います。
ただ、VR時にいちいち開けてスマホを操作しないといけないので、動画を操作できたりするのはとても便利かもしれません。
値段も安いので、あっても損はしないと思います。

オススメ!VR BOX+VR Bluetooth リモコン セット

その他のBluetooth VR用リモコン

こちらも、格安リモコン!
VR操作も可能!








Bluetooth マルチメディア リモコン

音楽や動画、ナビなどの操作にオススメ!


Bluetooth ゲーム コントローラー

ゲームやるには、こちらがオススメ!



こちらも、おすすめ!

【レビュー】VRにエアーマウスが良いかも!簡単操作でVRをコントロール!

今は、小学生の将来の夢の職業にユーチューバーという子がいるようです。
ユーチューバーになるには、何が必要か考えてみた。

用意するもの

Googleアカウント

YoutubeはGoogleのグループ会社ですので、Googleアカウントを用意してそのアカウントを使用してYoutubeを運用します。

Google アカウントの作成

チャンネル作成

Youtubeで配信をする場所を作成します。

カメラ

まずは、動画を撮影しなければなりません。ユーチューバーがオススメしているのは、このカメラ。

レンズ

カメラがあれば、レンズも必要です。オススメのズームレンズをチョイス。

マイク

マイクは、外付けのマイクを使用しましょう。

動画編集

撮影した動画を編集するソフトが必要になります。

Youtubeで稼ぐ方法

GoogleAdsenseを登録・連携

報酬を得るには、Google adsenseのアカウントを作成して、動画の収益化をするために審査が必要になります。
審査が通れば、動画の収益が可能になります。

動画をアップロードする

作成した動画をアップロードして、動画を収益化する。
アップロードした時には、題名や説明文、タグなどを設定して見てもらいやすくする。

ウェブサイト・ブログ・SNSを利用する

動画の拡散をはかるために、ウェブサイト・ブログ・SNSなどで動画をシェアして拡散します。
出来るだけ多くの人にみてもらうようにします。

スポンサーから商品レビューを提供してもらう

有名ユーチューバーになれば、企業などから宣伝以来がきます。
宣伝をして報酬をもらったり、商品を無料提供してもらったりします。

最後に

ユーチューバーといっても、直ぐに稼げるわけではありませんん。
それなりに、チャンネル登録数を増やし再生回数が増えないことには、集客ができません。
より多くの人に見てもらえるように、面白い動画やためになる動画を作成して、視聴者を増やす事が大切です。

年収1000万円を超えるのは、日本ではほんの一握りのようです。
1000万円プレイヤーのユーチューバーを目指して頑張りましょう!

Windows タブレットを買ってみた!

先日のフィリピン旅行に持っていた、マウスコンピューター WN801V2-Wをつかってみて思った事。

WN801V2-Wを使ってみて

元々Windows8.1が入っていましたが、Windows10にアップデートを済ませ、フィリピンへ持って行きました。

旅行で結構使えるかな?と思って、これにロジクールのBluetooth ワイヤレスマウス&キーボード

コレを持って行きました。

まず、一つ思った事は、画面の感度が悪い。これは、どこかに設定でもあるのでしょうか?チョット、反応が鈍い気がしました。
ただ、マウスを使う前提で使用していたので、旅先での使用は問題ありませんでした。

もう一つ言えば、Wi-FiがIEEE 802.11 b/g/nでホテルの部屋からホテルのWi-Fiを拾わない時がありました。

良い点

価格が安い
外でWindow10が使える
Micro SDXDが使える
電源が専用ポートがあるので充電しながらMicro USBが使える
8インチなのでお手軽

悪い点

Wi-FiがIEEE 802.11 b/g/n
画面の反応が鈍い
電源が専用充電器でないと充電できない
内蔵ストレージが32GB

最後に

手軽にWindowを持ち運べるのは良いかもしれないけど、Androidのタブレットに慣れているせいか、チョット使い勝手が悪い場合がある。
もう少し、アプリを充実して欲しいかもしれません。

ただ、旅先のホテルの部屋でキーボードとマウスがあれば、ノートパソコンとして作業が可能です。
オフィスなんかも入るので、エクセルやワードも問題なく動かせるのは良いのではないでしょうか?

Fujifilm X-T2発売日決定!!

遂に、発売日が決定したましたね。
発売日は、2016年9月8日

何故か、Canon 5D Mark IVと同じ日にぶつかりました。ぶつけた?

Fujifilm X-T1ユーザーは買うべき!?

以前に、タッチアンドトライで六本木のイベントで触ってきましたが、やはり良くなっています。
これは、触れば直ぐに分かると思います。
X-T1も、まだまだ現役で使っていけますが、やはりX-T2欲しいですね。

用途分けをして、X-T1との使い分けもできると思います。

何しろAFが向上しているので、スポーツには最適だと思います。
スポーツだけでなく、スナップでも瞬時に撮りたい写真が撮れるでしょう。

もはや、私にはDSLR(デジタル一眼レフ)は必要なくなってきてるかもしれません。

f:id:lurecrew:20160826000544j:plain

Fujifilm X-T2の全面

f:id:lurecrew:20160826000549j:plain

Fujifilm X-T2の背面

Fujifilm X-T1とFujifilm X-T2の主な違い

約2,430万画素 X-Trans™ CMOS III
フィルムシミュレーションモード ACROS追加
動体追跡AF
暗い場所でのAF
4K動画の撮影が可能
専用グリップ装着時、連写性能、撮影間隔、レリーズタイムラグ、ブラックアウト時間の向上、動画撮影時間延長

少し落ち着いたら買おうと思います。
その前に、少しドナドナするかな?

以前から、気になっていたGopro用ドームハウジングを、マニラの中華街でみつけました。

このドームは、大きく湾曲しているので、水中と水上をうまく撮影できる面白いハウジングです。

水中と水上を同時に撮影できるドームハウジング

これは、意外とコンパクトで使いやすそうでした。

ただ、ドームの扱いだけはチャントしとかないと、傷だらけになりそう。

f:id:lurecrew:20160825065407j:plain

裏は、Goproのハウジングが着いている感じ。
防水だけしっかりしていれば、問題ないでしょう。
念のために、コーキングしとくと良いかもしれませんね。

f:id:lurecrew:20160825065418j:plain

他の店では、もうチョット小型なドームもありました。

これを使用すると、こんな動画や写真が撮れちゃいます。

f:id:lurecrew:20160825070710j:plain

www.youtube.com

まとめ

気になる値段は、2500ペソ日本円で5400円位

お手頃な値段ですよね。

一つ欲しいと思って、Amazonで検索したらもっと安いのが売られていました。
中身も同じ感じなので、帰国してから購入しよう思います。

Gopro Hero3/3+/4

Gopro Hero3/3+/4

Gopro Hero5用のドームハウジング

フィリピンで、Bluetoothのワイヤレス スピーカーを買ってみました。
フィリピンのマニラ市のビノンドには、チャイナタウンがあり華僑も多く中国からの色々な商品が集まります。
値段も、やはり他とは違ってとても安いです。

フィリピンのBluetooth ワイヤレス スピカー レビュー

f:id:lurecrew:20160823144557j:plain

中身は、コレ!
何やらメーカーの文字が入っていますが、さすが中国製。
普通にコピー商品が出回っています。

とりあえず、商品を確認してみましょう。

f:id:lurecrew:20160823144612j:plain

一番左のボタンを長押しで電源オン!
電源は、無事につきました。

f:id:lurecrew:20160823144627j:plain

背後は、MicroSDカード、USBメモリ、AUXラインとMicroUSB電源があります。

f:id:lurecrew:20160823144640j:plain

MicroUSBで充電してみます。
無事に充電できるみたいです。
フル充電で2時間は再生できると言っていました。

ワイヤレス スピーカーで音楽を再生

f:id:lurecrew:20160824005531j:plain

起動して、Bluetoothでペアリングしてみました。
そして、音楽再生!!

意外といい感じで音楽が聞けています。
コストパフォーマンスが凄い!

使い倒すには、丁度良いかもしれません。

BBQなどのイベントにも最適です。

まとめ

因みに、携帯扇風機と一緒に購入して、1000円程度でした。
お店で買えると値切れるのが良いね!!

f:id:lurecrew:20160823144845j:plain

Amazonでも同じ商品が、売られてた!

フィリピンでもポケモンGOが開始したらしいので、試しにやってみた。

確かにポケモンGOはできました。

f:id:lurecrew:20160810231336j:image
さすが首都マニラ!ポケストップがたくさんありました。
ただ、ネット環境が良くないので、途中でよく止まります。
昼間に歩いていると、数名やっている若者を見かけました。
でも、日本ほど外でやってる人はいないようです。

フィリピンでのポケモンGOはモールでやる?

さっき、ニュースを見ていたら、何やらショッピングモールがアイテムを使って客引きをやっているそうで、常夏の国フィリピンでは、エアコンの効いたモールでポケモンをやる人が多いようです。

モールだと、モールのWi-Fiがあるので、タダでやる人も多いんでしょうか?

基本的に、一般のフィリピン人はプリペイドの携帯なので余裕のある人だけ、ネット使っています。家にパソコンもない人が多く、未だにネットカフェでネットをするのが主流のようです。

※追記

f:id:lurecrew:20160824012426j:plain

f:id:lurecrew:20160824012439j:plain

マカティのマーケットマーケットというモールで、ポケモンGO用の充電場所が設けられていました。

やはりポケモンGOのガチ勢はモールにいた!

フィリピンでのポケモンGOのガチ勢は、モールにいました。
マカティのグリーンベルトに行ってみたら、沢山やってました。

f:id:lurecrew:20160824013618j:plain

f:id:lurecrew:20160824013629j:plain

f:id:lurecrew:20160824013645j:plain

f:id:lurecrew:20160824013659j:plain

f:id:lurecrew:20160824013712j:plain

f:id:lurecrew:20160824013730j:plain

f:id:lurecrew:20160824013740j:plain

f:id:lurecrew:20160824013751j:plain

最後に

フィリピンでは、ネット環境が場所によっては、まだ良くなくLTEも、ほんの一部のエリアしか通っていませんし、値段も高いので未だに、3G、4Gが主流です。

ポケモンGOをやるには、ストレスを感じるかもしれません。

ただ、ショッピングモールだとモールのWiFiが使えるので、安定して遊べるかもしれません。
モールも色んな対策をして、ポケモンGOのトレーナーの獲得を客として引きこもうとしていますね。

フィリピンでは、プリペイド携帯が主流で契約をして回線を持てる人が少ないです。
契約をしても、払える人が少ないのでしょう。

フィリピンのプリペイド携帯へのロード

プリペイドなら、無くなればロード(課金チャージ)すれば済むのでそちらの方が、お互いに良いのかもしれません。
携帯へのロードは、コード付きのカードを購入してロードするか、ロードのできる店頭でロードする金額を伝えて、番号に直接ロードしてもらえます。

フィリピンの携帯電話屋さん

f:id:lurecrew:20160820200958j:image

プリペイド携帯が主流のフィリピンの携帯は、オープンラインが基本で海外からの使い古しのスマートフォンが流れてきます。
まだ、電話とTEXTしかできない電話を持っている人も多いですが、スマートフォンの割合が多くなってきている気がします。
中では日本の男性が女性にプレゼントしたのでしょうか?SoftBank縛りのiphoneなんかも多く流れてきていました。
そこで、活躍するのが携帯電話のテクニシャンです。
彼らは、昔から携帯電話屋にいて壊れた携帯や携帯電話のオープンラインを受け付けてくれます。
結構、日本からの携帯でノキアやモトローラー、日本の携帯電話なども彼ががオープンラインをしてきました。
今では、電池の交換や割れたタッチスクリーンの交換など、携帯電話の変化に伴い彼らの仕事も変化してきていました。

私も、携帯電話に衝撃を与えたあのiphoneがまだ日本に出回る前、iphone2Gと呼ばれる機種をフィリピンの携帯電話で購入しました。
当時でも、日本円で10万くらいした覚えがあります。
まだ、当時は日本で出回ってなかったので、情報も限られていて先行発売をしていたアメリカ在住の方のブログをみて、自分で必死に脱獄をしていた覚えがあります。
当時は、今のような方法ではなく、WIFIに繋いでそこから、システムに入り込んでシステムファイルを書き換えたり、プログラムを走らせたり完全にハッカーみたいな事をして脱獄やオープンラインをしていました。

毎日、新しい情報が出る度にパソコンに座り込んでやっていたので、いつしか嫌気が指してiphoneは嫌になってしまいました。丁度、日本でもiphone3Gが発売されてチョット、面白くなくなってしまったのかもしれません。
話がそれてしましたが、当時はiphone2Gの情報の交換を良くフィリピンの電話屋さんとしていた覚えがあります。
英語圏なだけあって、海外からの情報も彼は簡単に取得できるのが強いとこでしょう。
フィリピンで、携帯電話の相談は彼らにしてみてください。

最近、私がAmazonで購入して便利だったものを紹介します。
それと、簡単なレビューも。

Amazonで購入して良かった物

USBの電圧を調べるのに便利。充電が遅いな~と感じた時に、電圧を調べて使えないUSBケーブルを判断できます。

この値段でワンセグが観れるなら、問題ない商品だと思います。部屋では電波が悪いので、アンテナ接続して使用しています。
テレビがないけどパソコンが部屋にある人にオススメ

安かったので、VRが試したくて買ってみました。レンズの設定が面倒で、もっと簡単んにできるのが良かったけど、そんなに頻繁に調整するものでもないので、OKとします。
結果、格安でVRを体験できました。

これは、Fujifilm X70用のバッテリーを充電するのに買いましたが、USBで充電できるのでとても便利です。もう一つ買おうと思います。

Fujifilm X70の互換バッテリーです。旅行へ行くので試しにロワのバッテリーを入手しました。

買って微妙だったもの・・・

これは、Bluetoothでスマホを操作できるリモコンなんですが、VRを使用するのに使えればと思って買いましたが・・・・
使えるには、使えるのですが、VRプレイヤーアプリの相性が悪いのか、VRプレイヤーアプリだと動かない場面が多かったので、使えませんでした。
チョット、いくつかVRプレイヤーアプリで試してみたいと思います。

最後に

小物ばかりですが、こういうのを少しづつカートへ入れてまとめ買いするのが好きなんですよね。
今回は、旅行の為に必要な物もありましたが、不良品はなかったので使っていきたいと思います。