読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LURECREW

気になる事や良かった事を書いていこうと思います。

【カメラ】これはヤバイ!FUJIFILMがGFX 50Sというミラーレスの中判機を発表!

ガジェット ガジェット-カメラ
スポンサーリンク

f:id:lurecrew:20160920014711j:plain

遂に富士フィルムから、ハッセルに続いてミラーレス中判カメラの発表がありました。

ミラーレス中判機の世界が始まりましたね。

センサーは、35mmフルサイズのセンサーより1.7倍の大きさで43.8×32.9mm Gフォーマットセンサー 画素数5140万画素 CMOSだそうで。
高性能なX-Processor Proで富士フイルムが誇る優れた色再現、階調再現を極めて高いレベルで実現できるそうです。

Fujifilm GFX 50S外観

f:id:lurecrew:20160920014619j:plain

f:id:lurecrew:20160920014650j:plain

見た感じは、先日発売したFujifilm X-T2のようですが、少し大きくした感じでしょうか?

随所にFujifilm Xシリーズの雰囲気を感じられます。
Fujifilm X-T2のチルト液晶も搭載してますね。

外部ファインダーは取り外しが可能で、角度可変ファインダーにも交換できるようです。

発売は、2017年の早い時期ようです。

主なスペック

  • 5140万画素 CMOSセンサー(8256×6192ピクセル)
  • ミラーレス中判機 (43.8×32.9中判センサー)
  • アスペクト比は、4:3(デフォルト) 3:2, 1:1, 4:5, 6:7 ,6:17
  • “X-Processor Pro”画像処理エンジン
  • フォーカルプレーンシャッター
  • Gマウント採用
  • チルト液晶
  • 取り外し可能な電子ビューファインダー
  • 1/4000シャッター
  • 防塵防滴、-14℃まで
  • 重量は800g

※仕様は発表の段階ですので、実際とは異なる場合があります。

Fujifilm GFレンズ

f:id:lurecrew:20160920090830p:plain

レンズは、新たにGレンズを採用

ミラーレスシステムのメリットを活かした26.8mmという短いフランジバックを採用した独自のマウントに、長年培ってきたフジノンレンズの設計・製造技術を注入し、世界最高の解像力を実現する。
標準単焦点「GF63mmF2.8 R WR」(35mm判換算50mm)、広角標準ズーム「GF32-64F4 R LM WR」(35mm判換算25-51mm)、中望遠マクロ0.5倍「GF120mmF4 Macro R LM OIS WR」(35mm判換算95mm)を初めとする6本を第一弾として開発。

  1. 単焦点レンズ“GF63mmF2.8 R WR”(35mm判換算で50ミリメートルに相当)
  2. 広角・標準ズーム“GF32-64mmF4 R LM WR”(35mm判換算で25-51mmします
        35ミリ判換算)
  3. ミッド望遠マクロ1:0.5 “GF120mmF4 Macro R LM OIS WR” (35mm判換算で95ミリメートルに相当)
  4. 高速開口半ば望遠 “GF110mmF2 R LM WR” (35mm判換算で87ミリメートルに相当)
  5. 超ワイド“GF23mmF4 R LM WR”(35mm判換算で18ミリメートルに相当)
  6. ワイド “GF45mmF2.8 R WR” (35mm判換算で35ミリメートルに相当)

Fujifilm GF Lens 23mm

f:id:lurecrew:20160920014953j:plain

Fujifilm GF Lens 45mm

f:id:lurecrew:20160920015006j:plain

Fujifilm GF Lens 63mm

f:id:lurecrew:20160920015024j:plain

GFLens110mm

f:id:lurecrew:20160920015042j:plain

Fujifilm GF Lens 120mm

f:id:lurecrew:20160920015057j:plain

Fujifilm GF Lens 32-64mm

f:id:lurecrew:20160920015117j:plain

Fujifilm GFX 関連動画

DigitalRevのファーストインプレッション レビュー&動画

www.digitalrev.com

www.facebook.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

最後に

63mmとのセットで10,000ドル以下という値段。

これは、意外と衝撃的なカメラになるかもしれませね。
時代は、やはりミラーレスに流れがきているきもします。

まだまだ、色んな情報が出てきそうです。

早くレビューやサンプル画像が見てみたいですね。

※更新 オフィシャルサイトで、サンプルなどが見れます。

オフィシャルサイト

fujifilm-x.com