【おすすめ】セリアのUSB変換でDJI Spark送信機を有線接続!

スポンサーリンク

[記事公開日]:2017/07/15

この記事は約 2 分で読めます。

DJI Sparkは、DJI Marvicと違って、送信機とスマホ・タブレットなどのデバイスは無線LAN(Wi-Fi)接続になります。

これは、問題点があり有線を試したくて、USB変換コードを探していたらセリアにあったので試してみました。

セリアのUSB変換コードはSpark送信機に使えた!

そもそも、なぜDJI Sparkの送信機とデバイスを有線接続する必要があるのか?

  • 送信機との遅延を無くす。
  • Wi-Fi接続の干渉を無くす。

とう目的があります。

DJI Sparkと送信機には、もちろん遅延があります。
そして、送信機とデバイスをWi-Fi接続している事によって送信機との遅延が発生しています。

これは、私も感じる事が出来ました。

それと、送信機とWi-Fi接続する事によって、電波の干渉などによる事故を無くす意味もあります。

その為には、送信機とデバイスを有線接続する方法があります。

その為には、送信機からのMicro USBをデバイスと接続してくれるUSB変換コードが必要になります。

そこで、私が探したのは100円ショップのセリアでした。
このセリアは、携帯系のコードが豊富なので何か必要があれば、探すようにしています。

セリアで見つけたMicro USB変換コード

変換コードはこんな感じです。

片方のオスがMicro USBになっていて、もう片方が普通のUSBのメスになっています。

これをそれぞれのデバイのUSBコードをさします。

早速、繋いでみると・・・

おお!!使える!!

見事接続可能になり「FLY」のボタンが表示されました。

映像もバッチりです。

有線接続なので、Wi-Fi接続と比べて遅延も少ないです。

まとめ

どうです?
セリアのMicro USB変換コード安いから予備でも持っていても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでLURECREWをフォローしよう!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です