いよいよ発表されました!Fujifilm X-T3気になるスペックは?

スポンサーリンク

[記事公開日]:2018/09/05[最終更新日]:2018/09/06

この記事は約 5 分で読めます。

富士フィルムのXシリーズ X-T3が発表されました。

2018年9月6日に発表!!

さ~どんな機種か気になりますね。

公式ページ Fujifilm X-T3

主な機能は、徐々にまとめていきたいと思います。

Fujifilm X-T3のスペック

海外などで噂のFujifilm X-T3の情報をまとめてみました。

  • 予約開始日:2018年9月6日
  • 発売予定日:2018年9月20日
  • 新開発の有効画素数約2610万画素の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」センサーを搭載(ローパスフィルターレス)
  • 高速画像処理エンジン「X-Processor 4」
  • 位相差画素数を現行比約4倍に増やしたことで、像面位相差AFエリアを画面全域(約100%)に拡大
  • 位相差AFの低照度限界を従来の-1EVから-3EVへ拡張
  • 4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録に対応。4K/60P 4:2:2 10bitのHDMI出力にも対応
  • 「スポーツファインダーモード」機能を新搭載。1660万画素(1.25倍クロップ)相当のフレーム内を最速30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写が可能
  • シャッターボタンを半押しした時から撮影を開始し、シャッターボタンを全押しすることで撮影画像が記録される「プリ撮影」機能を新搭載
  • 「フィルムシミュレーション」に「モノクロ調整」機能を新たに追加
  • 「カラークローム・エフェクト」機能を「Xシリーズ」として初搭載
  • USB端子はType-C(USB3.1 Gen1)規格を採用
  • 標準ISO:160~12800 (拡張ISO:80/100/125/25600/51200)
  • 連写:約11コマ/秒(メカシャッター)、約30コマ/秒(電子シャッター、1.25倍クロップ)
  • EVF: 0.5型有機ELファインダー 約369万ドット 0.75倍
  • 背面液晶:3.0型 約104万ドット 3方向チルト式 タッチパネル液晶
  • フィルムシミュレーション:16モード(ETERNA含む)
  • Wi-Fi・Bluetooth4.2搭載
  • バッテリー:NP-W126S
  • 撮影可能枚数:約390枚(ノーマルモード時)
  • サイズ:132.5 × 92.8 × 58.8mm
  • 重さ: 539g(バッテリー・SDメモリーカード含む)、489g(本体のみ)
  • カラー:ブラック・シルバー
  • BSIセンサー(裏面照射型センサー)
  • スタック型センサーではない(積層型センサー)
  • 1.25xトリミングモードで電子シャッターが30fps(30コマ/秒)
  • 電子シャッター フルセンサー読み出しで20fps(20コマ/秒)
  • メカシャッター 11fps MS(11コマ/秒)
  • X-T3に露出補正ダイヤルがある
  • ヘッドフォンジャックがある
  • セルフ スクリーンなし
  • センサー全体をガバーする位相検出
  • 改善された顔/瞳AF
  • 425 AFポイント、AF-Cでも利用可能
  • 低照度オートフォーカスの改善
  • ビデオ仕様:60p、ゼブラ、10ビットで4K(10ビットも内部であるかどうかを確認中)
  • 新しい映画シミュレーションはなし(今のところ)
  • ベースISO 160
  • 富士フイルムX-T3は富士フイルムX-T2よりも安い(1,599ドル以下)
  • 20 fps連続撮影、作物モードでさらに高い
  • 富士フイルムX-T3、新しい垂直型バッテリーグリップを発表 – ラジオエージェンシーの登録により確認
  • フォトキナ2018(9月末)またはそれ以前の発表
  • 2600万画素 X-Transセンサー
  • 新しいプロセッサー
  • IBISなし(ボディ内手ブレ補正)
  • タッチスクリーン
  • FujifilmがNP-W126sバッテリー用の新しいバッテリー充電器を登録して以来、おそらく同じバッテリーを維持することによって、より良いバッテリー性能を実現しています。
  • 新しい映画シミュレーション(今のところ塩噂の穀粒)
  • 中国製

2018年中のファームウェアアップデートにより、ハイブリッドログガンマ方式での動画撮影や「フィルムシミュレーション映像/F-Log同時出力」に対応する予定

ざっくりとこんな感じらしいです。

Fujifilm X-T3の本体 画像

リーク画像を見る限りだと、T2にそっくりですね。

若干の細かい違いはあると思いますが、サイズ感などはT2と同じと考えて良いと思います。

ここで、X-H1と違う路線を引き立たせた感じはあります。

すでにアマゾンで予約開始してます。

まとめ

まだ、発表ではないので、明確なスペックは分かりませんが、凄く気になるミラーレスカメラだと思います。

X-T1とX-T2を使ってきた私としては、凄く信頼のできるカメラなので、早く触ってみたいです。

各社、ミラーレス機を出してきましたが、フルサイズにこだわったのでミラーレスとはいえ、やはりサイズ感が大きく感じます。

富士フィルムもX-H1を発売しましたが、あれも少し大きく感じます。

やはり、ミラーレス=小型を追求している富士フィルムのX-Tシリーズは、外せない機種だと思います。

発表が楽しみですね。

スポンサーリンク
カスタムCSS設定

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット好きなお気楽おじさんです。
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply