読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LURECREW

気になる事や良かった事を書いていこうと思います。

【動画】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルが面白すぎて腹痛かった!

ウェブ-動画 ウェブ Amazonプライム
スポンサーリンク

更新日:2016年12月21日

Amazonプライム動画の独占放送「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」が凄く面白かった。

シーズン1と書いてあるので、恐らくシリーズ化を考えているんでしょうね。
凄く楽しみ!

※現在は、来年の公開に向けてHITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン2が動き出しているようです。

f:id:lurecrew:20161203085532p:plain

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

芸人達の元に松本人志から“ドキュメンタル”の招待状が突然届く。招待状を手にした者は驚き、戸惑い、喜び、苦悩する。このバトルに参加するのかしないのか、参加費100万円をどう工面するのか。それぞれが葛藤する。そして勇敢な10人の参加者が一堂に会し、いよいよドキュメンタルの火蓋が切って落とされる。出演者:ジミー大西、FUJIWARA 藤本敏史、宮川大輔、野性爆弾 くっきー、ダイノジ 大地洋輔、東京ダイナマイト ハチミツ二郎、とろサーモン 久保田和靖、天竺鼠 川原克己、トレンディエンジェル 斎藤司、マテンロウ アントニー

  • ジャンル:お笑い
  • 出演:ジミー大西、FUJIWARA 藤本敏史、宮川大輔、野性爆弾 くっきー、ダイノジ 大地洋輔、東京ダイナマイト ハチミツ二郎、とろサーモン 久保田和靖、天竺鼠 川原克己、トレンディエンジェル 斎藤司、マテンロウ アントニー
  • 監督:松本人志
  • 公開:2016年11月30日スタート
  • 時間:46分 (全4話)

www.youtube.com

ドキュメンタル 動画の内容

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルは、ルールを元に行われるAmazon プライム動画 独占の放送番組です。

ドキュメンタルのルール

www.youtube.com

  • 参加者は100万円を持参
  • 笑ったら警告及び退場(イエローカード・オレンジカード・レッドカードあり)
  • 制限時間6時間
  • 松本人志が裏でモニタリングをして、判断をする。
  • 松本人志の判断で時間を止めて忠告が可能。
  • 最後まで笑わなければ賞金1000万獲得

お笑い芸人達が100万円を各々持ち寄り、1000万円をかけて笑わずにいれるか!というバトル!

最後まで残れば、1000万円獲得できるという簡単なルール。

これを、6時間やるそうです。

結構、このメンバーで6時間も笑うのを我慢するのってキツイですよね。

f:id:lurecrew:20161203090540p:plain

開始早々、1話目から腹筋崩壊しそうでした。

私には、コレはツボでした。

毎週水曜日が楽しみですね!!

f:id:lurecrew:20161203090605p:plain

f:id:lurecrew:20161203090626p:plain

f:id:lurecrew:20161203090641p:plain

f:id:lurecrew:20161203090727p:plain

f:id:lurecrew:20161203090742p:plain

モニタリングしている松本人志の判断で、ストップを押して、各自に警告を促す。

まだ、始めなので甘い感じがしますが、これからどんどんエスカレートすると思われます。

ドキュメンタルとはどんな意味?

そもそもドキュメンタルとは?と思ったりしますが、恐らく「ドキュメンタリー」と「メンタル」を掛け合わせた造語のようです。

なるほど!って思いましたね。

このゲームは、名の知れたお笑い芸人達が笑わして、自分は絶対に笑わないというお笑いバトルロワイヤル状態だからメンタルが大事ということなのでしょうね。

笑わないというのは、自分との戦いのようなものですからね。

どこまで笑わずにいられるかが勝負ですね。

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 第一話

第一話(エピソード1)は、ほぼゲームのルール説明で終わったのですが、後半にはゲームもスタート!

開始早々、ジミー大西が大口を開けて笑いをコラえて、注意を受けました。

まだ、これからなのでみんな様子見をしている感じ。

ダイノジ 大地が笑ってる状態で、イェローカード!
イェローカードなんてあったのか!なんて思ってましたが、始めなので色々とルールを把握していく感じでした。

お笑い芸人の腕の見せどころですね。

これから、凄く楽しみです。

ドキュメンタル 第二話の公開は、2016年12月7日水曜日です。

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 第二話

公開日:2016年12月7日水曜日

第二話(エピソード2)

www.youtube.com

一話からの期待度が高かったので、二話はどうか?と思ってみてしましたが、やっぱり徐々にツボにハマってきました。

ボケとツッコミのオンパレードで、ジワジワくる感じのものから一撃のものまであって観ているとやっぱり笑わせてくれます。

そして、遂にレッドカードが出て2名脱落しました。

でも、もう少し笑いたかったな!三話に期待!

【脱落者】2名残り8名

ドキュメンタル 第三話の公開は、2016年12月14日水曜日です。

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 第三話

公開日:2016年12月14日水曜日

第三話(エピソード3)

www.youtube.com

毎週水曜の0時を迎えるのが楽しみになっています。ww

今回は、メチャメチャ面白かったですね。

笑い過ぎて腹が痛かったです。

ティッシュの場面から、テンガエッグの辺りでツボに入ってしまいました。

その後は、笑いっぱなしで涙でてきました。

三話目で、ドキュメンタルを観ながら「自分もどこまで笑いを堪えられるか!」という楽しみまで覚えました。笑いを我慢するのって、結構大変なんですね。

しかし、芸人が集まると色んな事を考えてするんですね。
面白すぎます!

【脱落者】4名残り6名

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 第四話

公開日:2016年12月21日水曜日

第四話(エピソード4)

www.youtube.comいよいよ最後!誰が賞金1000万円を獲得するか?

そして、誰が一番笑わずにいられるか?

最終的に、3名になり最終戦!

意外と辛い戦いになりましたね。
笑わずにいるのも辛いですが、fdsf笑わすのも大変なんですね。

あるゾーンに入ると、いきなり笑ったり、いきなり笑わなくなったり。

その一線をどのように左右するか凄く面白い戦いになりました。

是非、シーズン2を観てみたいです。

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン2

f:id:lurecrew:20161221013216p:plain

2017年に配信予定。

詳細が分かり次第、更新したいと思います。

 

www.lurecrew.com

Amazon独占配信 ドキュメンタル 動画

Amazonプライム・ビデオ・コンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレルは「松本人志さんと一緒に、この革命的なバラエティ・シリーズの製作を実現できて、大変うれしく思います。日本で芸人として大活躍されている松本さんは、海外でも『大日本人』や『R100』などの映画監督としても有名です。この新しいバラエティ・シリーズへのAmazonプライム会員の皆様からの反響を楽しみにしています。本シリーズは芸人の皆さんによる本気のお笑いバトルと言えるでしょう」とコメントしています。

Amazonプライム ビデオでも「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」が過去最高の視聴率を記録したとも発表しています。

Amazonプライム会員は、Fireタブレット、Fire TV StickやAmazon Fire TVなどのAmazonの各デバイスやお手持ちのスマホ・タブレットの配信をダウンロード可能。
勿論、オンラインでも視聴が可能。

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

Amazonプレイム ビデオは初回30日無料で観れます!

初回30日間は、無料体験が出来るので「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」を初回30日間の無料体験で見れちゃいます。
その後、Amazonプライムサービスを利用したくなければ、退会すれば良いだけです。
それでも、年会費3,900円(税込み)なのでサービスを考えたら、お得だと思いますよ。

Amazonプライムに関しての記事は、以前に書きましたのでそちらもチェック!

www.lurecrew.com

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルをテレビで見る

Amazon プライム動画とFire TV StickかAmazon Fire TVで、ご自宅のテレビで視聴が可能です。
家族皆で、Amazon プライム動画を楽しみましょう!

Fire TV Stickがあればテレビで視聴可能!

Amazon Fire TVでAmazonプライム動画を独り占め!

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル動画の賭博罪疑惑?

公開当時から、この番組の賭博罪疑惑ですが、Amazon側は「賭博罪に当たらない」と公式発表をしています。

さて、皆さんはどう思いますか?

これが、海外で行われていれば問題ないのでしょうが・・・そうでもなさそうですよね。
もしくは、このお金は番組側が用意して、あたかも皆で持ち寄ったかのように演出をした?
そうなると、ヤラセ疑惑になるので、それは考えたくないですよね。

法律には詳しくないですが、恐らくグレーな線なのかもしれませんね。

集めた100万円は、掛け金としてではなく、参加料として集めてるのでその辺もきわどいのかもしれません。

何かのコンテストに参加するのに、エントリー料(参加料)を払うのは良くある事です。それで、一位になれば賞金も貰えます。これは、賭博にはならないですよね。
操作性のないランダムな物に、掛けて賞金をもらうギャンブルと違って、今回は、松本人志が監視してジャッジをするという企画です。その辺りなども踏まえて、グレーなのかと思いました。

でも、そんな事を考えて観ていると、面白くなくなるので、とりあえず何もウソが無く問題ないと考えて観るほうが良いですよね。

とにかくテレビでは観れないネット動画の面白さもあると思うので、最後まで楽しみたいと思います。

まとめ

これは、本気で面白かったです。

来週の水曜日が楽しみです。

f:id:lurecrew:20161203091020p:plain

しかし、ジミーパイセン反則ですよね。

テレビ出てるお笑い芸人さんは本当に面白い!

【公式サイト】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル