WiFiImport Lightroom PluginでWi-Fi転送!

普通にWi-Fi転送する方法は、いくつかあるのですが、今回はAdobe Photoshop Lightroomのプラグインと言うことで、Lightroomに直接取り込める画期的なプラグインを試してみたので紹介します。

WiFiImport Lightroom Plugin

Fujifilmは、USBを接続してテザー撮影が可能なプラグインを販売していますが、今回はWi-Fiカードを使ってWi-Fiで直接Lightroomに送信する方法を無料で出来る方法です。

無料ですよ無料!

開発者に感謝ですね。

気に入ったら、寄付を差し上げる事も可能です。

概要

  • 対応機種:Fujifilm X-T2、Fujifilm X-Pro2 (カードスロットが2つ)
  • 対応SDカード:Toshiba FlashAIRTranscend Wi-Fi SD card
  • 使用アプリケーション:Adobe Lightroom
  • 使用プラグイン:WiFiImport Lightroom Plugin

Fujifilm X-T2とFujifilm X-Pro2で、LightroomのプラグインWiFiImport Lightroom Pluginを使って、Wi-Fi転送が可能になります。

Fujifilm X-T1でも試しましたが、問題なく転送ができました。ただ、SDカードスロットが1つしかないので、RAWと画像を分けて保存できないので、ちょっとキツイかもしれません。JPEGのみの撮影なら、他の機種でも問題なく使えると思います。他のメーカーでもこれは使えると思います。

接続の仕方

1.プラグインのインストール

まずは、Lightroomのプラグインをダウンロートします。

【ダウンロート先】WiFiImport Lightroom Plugin – Homepage von Frank Eberle

f:id:lurecrew:20161209092222p:plain

ダウンロードが完了したら、Lightroomのフォルダにインストールします。

【Windows】 C:/Program Files/Adobe/Adobe Lightroom
【Mac OS】 Macintosh HD/Applications

2.Wi-Fi SDカード接続

f:id:lurecrew:20161209092056j:plain

Toshiba FlashAIRTranscend Wi-Fi SD cardが入っているカメラの電源をONにして、パソコンからWi-Fi接続をします。

3.Lightroom プラグインマネージャー設定

f:id:lurecrew:20161209092233p:plain

次に、Lightroomのプラグインマネージャーの設定を開きます。

f:id:lurecrew:20161209092237p:plain

開いたら、WiFi device type(WiFi デバイス タイプ)をToshiba FlashAIRTranscend Wi-Fi SD cardに設定。

4.プラグイン エクストラからWiFiImport Lightroom Plugin起動

f:id:lurecrew:20161209092245p:plain

次に、プラグインエクストラから「Shoot And Import」か「Inport by Date」を選んで接続します。

f:id:lurecrew:20161209092251p:plain

IP or Hostnameを設定。

ここで、SDカードのIPアドレスを入力。

5.WiFi Import – Shoot And ImpotでLightroomに画像を転送

f:id:lurecrew:20161209092255p:plain

接続が完了すると、StatusにReadyの文字。

これで、スタンバイ完了

f:id:lurecrew:20161209092259p:plain

撮影が転送されると、StatusがDownloadingになり取り込みが始まります。

まとめ

これは結構、仕事で使えると思いました。

撮影しながら、クライアントにチェックをしてもらって、チェックをしていくことで撮影後の現像もはかどります。

そして、撮影しながらチェックができるので、無駄なく目的の撮影が可能になると思います。

今までは、カメラの液晶かスマホ・タブレットに転送して確認してもらってましたが、大きな画面でしかもLightroomに転送して、確認できる事はこれか凄く重要になるポイントだと思います。

何しろ、コードレスというのが一番の魅力ですね。

アイテムが揃ってる方は、是非、試して見て下さい。

今回は、X-T1でも試しましたが、他の機種でも試してみる価値はあると思います。

Toshiba FlashAIR

Transcend Wi-Fi SD card

FUJIFILM X-T2

FUJIFILM X-Pro2

Adobe Photoshop Lightroom 6

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)

先日、購入したカッティングマシンのシルエット カメオ2で、カッティングをするのに素材をパス作成する必要があり、Illustratorを使ってアウトライン化しました。

pngやjpeg、bmpなどの画像をパス作成していきます。

Illustratorでアウトライン作成の方法

helpx.adobe.com

画像トレースを使用

※Illustrator CS6以降の機能になります。

オブジェクトを選択して、画像トレースから写真(低精度)を選択

f:id:lurecrew:20161108125952p:plain

次に、表示:トレース結果とアウトラインを選択

f:id:lurecrew:20161108130211p:plain

※画像トレースの詳細設定

ウィンドウから「画像トレース」を選択すると詳細窓が開きます。

こちらで、細かく設定が可能です。

f:id:lurecrew:20161108130342p:plain

終わると、このようにアウトライン化されてるのが見れます。

次に、パス作成するのに、上の「拡張」ボタンを押します。

f:id:lurecrew:20161108130259p:plain

画像のパス変換

「拡張」ボタンを押すと、このようにパス変換されます。

これで、シルエット カメオ2でのカットが可能になります。

f:id:lurecrew:20161108130737p:plain

まとめ

これを使えば、シルエット カメオ2であんな画像やこんな画像がカットできます。

むふふ

 

今年も残すところ、あと二ヶ月になりましたね。

そろそろ、年賀状の準備はやられていますでしょうか?

私も、毎年ギリギリでバタバタになってしまいます。
今年は、早めの年賀状準備をして、年末はゆっくり過ごしましょう。

そこで、先日プリンターの紹介をさせてもらいました。
そこ記事は、こちらです。

【おすすめ】目的別プリンター・キャノン・エプソンの機種を紹介や選び方

プリンターを既にお持ちの場合は、年賀状ソフトがあれば、簡単に印刷が可能になります。
一度、住所録を登録してしまえば、毎年の作業も楽になります。

そこで、年賀状ソフトを調べてみました。

人気ナンバーワンは、筆まめ!!

f:id:lurecrew:20161102233356j:plain

デザイン・イラストは45万点を収録!
年賀状以外でも、一年中使えます。

フォントだけでも、147書体あるのでバリエーションは豊富です。

既にお持ちの方も、バージョンアップで追加機能が満載!

初心者でも、簡単操作で印刷が出来ます。

これは、他社より少し高いけどオススメ!

こちらもオススメ!その他の年賀状ソフト

筆王

素材数30万点以上!

テンプレートデザイン3,000点以上

書体147フォント

筆ぐるめ

素材数25,000点以上!

書体150フォント

プリンターがなくても、セブンイレブンのマルチコピー機で印刷可能!

まとめ

筆まめが一押しですが、普通に他のソフトも一通りの印刷が可能です。
ただ、筆まめの豊富なテンプレやイラストは、充分過ぎるほどのアイテムだと思います。買っておいて、間違いないでしょう。

ただ、筆ぐるめのセブンイレブンのマルチコピー機での印刷は、画期的ですね。
プリンターがない人には、良いかもしれませんね。

【ランキング】売れ筋ランキング: 年賀状・ハガキ作成ソフト の中で最も人気のある商品です