読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LURECREW

気になる事や良かった事を書いていこうと思います。

ペンパイナッポーアッポーペン!?ピコ太郎って何?世界的有名になったピコ太郎。

ウェブ ウェブ-youtube
スポンサーリンク

ピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

これが、何だか流行ってるみたいです。

皆も、これを真似て動画をアップするのが流行ってるみたいです。

何だか中毒性があるかもしれないので、気をつけてください。

www.youtube.com

ペンパイナッポーアッポーペン歌詞

作詞:ピコ太郎
作曲:ペンパイナッポーアッポーペン

PPAP
ピーピーエーピー

I have a pen.
アイ ハブ ア ペン

I have a apple.
アイ ハブ ア アッポー

ummm
ウーン

Apple pen!
アッポーペン!

I have a pen.
アイ ハブ ア ペン

I have a pineapple.
アイ ハブ ア パイナッポー

ummm
ウーン

Pineapple pen!
パイナッポーペン!

Apple pen!  Pineapple pen.
アッポーペン、パイナッポーペン

ummm
ウーン

Pen-pineapple-Apple-penpineapple pen!
ペンパイナッポーアッポーペン

Pen-pineapple-Apple-penpineapple pen!
ペンパイナッポーアッポーペン

 

こういうのは、小学生や中高生が大好きなパターンなんですよね。
ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)面白いじゃないですか?

ところで、ピコ太郎って?

ピコ太郎って誰だよ!?

とか思った人もいると思いますよね。

でも、動画をみてピンときた人もいるんではないでしょうか?
そう、ピコ太郎ってベテラン芸人さんなんです。

私も、動画みて一発でわかりました。

上目遣いをした時のサングラスからチラッと見えた目。
チョット、しゃくれた顎。

そう、ベテラン芸人古坂大魔王なのです。

ボキャブラ世代にはお馴染みの底ぬけAIR-LINEのトリオの古坂大魔王です。

芸人として低迷をしていたり、音楽活動をしていたりして、それでも芸人の間では大人気の芸人さんなんですよね。
なかなかテレビの露出が減ったり試行錯誤をしていましたが、今回Youtubeでは流行りはじめているようです。

何だか、38万フォロワーの「まこみな」とのコラボも話題になっているようです。

f:id:lurecrew:20160926135525j:plain

更に、色々なアーティストとやモデルからも注目され、芸能界でもブームを起こしそうです。

そして、まこみなのように踊りたいと思っている人に!
『出張!ピコ太郎!〜一緒に歌って、踊りたい人大募集〜』という企画があるようです。

一緒に踊りたい人は、応募してみましょう!!

avex-management.jp

追記

更新:2016年11月6日

もう既に世界的になってしまったピコ太郎。
海外でも、様々なPPAPを披露している人が多くなりましたね。

先日も、デスノートの死神リュークが「デスノート Light up the NEW world」の大ヒット公開中ということで、記念にPPAPを披露した動画がアップされました。

リンゴ好きのの死神リュークが、アップとデスノートに書き込む際のペンで「ペンパイナッポーアッポーペン」と言いながら完コピをしている姿が、大ウケしています。

それがこの動画です。

PPAP 死神リューク Feat ピコ太郎

www.youtube.com

最後に、ペンパイナッポーアッポーペンでデスノートに書き込んでる名前はいったい誰なんでしょうね。
これに対してピコ太郎は、「私は、まだ生きてるので私ではないですね。」とコメントしてました。

ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」がギネス認定

こちらも話題になりましたね。
10月17日付の「ビルボード全米トップ100」で77位にランクインしたことで、曲の長さが45秒でランキングに入った歴代の全楽曲の中で「1曲の尺が最短」という世界記録だそうです。

もともとは、10万円で作った動画でスタジオ借りて6時間で20曲撮ったそうです。
それがこうして、世界に広がっていく事に「本当にネットってすげえ!」とコメントしてました。

新曲で2分30秒の「PPAP」も披露したり、全世界で契約が決まったとも報告。

本人は、意外と冷静で「こんなの直ぐ終わりますよ」とも、仲間に話しているようです。

まとめ

もともと単独ライブのキャラクターの一つが「ピコ太郎」だったようです。
やたらと派手な衣装で歌手の設定だそうです。
ただただ、カッコよく歌うというスタンスが、忘れられないキャラになっているのだと思います。

一ヶ月前にアップをして、既に230万回の再生数になっています。

もう、立派なユーチューバーですね。

これかの活躍に期待したいですね。