読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LURECREW

気になる事や良かった事を書いていこうと思います。

【写真撮影】今回の高円寺阿波踊りでの撮影を解説してみる。

お役立ち お役立ち-撮影
スポンサーリンク

f:id:lurecrew:20160831221519j:plain

今回の高円寺阿波踊りでの撮影した状況を話してみていと思います。

高円寺阿波踊りでの今回の撮影方法

今回の撮影方法と裏通りを選んだ理由は、下記の通りです。

  • メインの通りで撮影も良いのですが、どうしても人が多くて撮影をしづらい可能性がある。
  • メインの通りは、許可証が無いと入って撮影できない場合が多い。
  • そして、どれも同じ写真になってしまう。
  • 裏通りを選んだ理由は、道が細いので近くで撮影が可能。
  • 自分の思い通りに撮影ができる可能性が高い。
  • 近くで撮影できるので、広角で迫力のある写真が撮れる。

それを踏まえると、裏通りの方が自分の撮影範囲を決めてライティングをして撮影が可能と言うこと。

一日目の撮影

去年初めて高円寺阿波踊りへ行き、今年も撮影したいと思って色々準備をして撮影してきました。
去年の経験から、雨の確率も高い事が分かっていたので、雨具の用意はしました。
その記事は、前回にも書きました。

www.lurecrew.com

 その他に用意をしたのは、下記の通りです。

  • Fujifilm X-T1
  • Fujiinon XF 14mm F2.8
  • Fujinon XF 16mm F1.4
  • Samyang 8mm F2.8
  • ストロボ Yongnuo YN 580III (ストロボ)
  • Yongnuo RF-603 (リモコン)
  • Yongnuo YN560-TX
  • 円形デュフーザー
  • ストロボ用クリップ

こんな感じで機材を用意しました。

まずは、ストロボを赤いマルのところにクリップではさませてもらいました。

f:id:lurecrew:20160831210944j:plain

後は、円形デュフューザーで手前と奥とでストロボで挟み込む感じで撮影をしました。
ストロボは、雨対策でビニール袋を被せておきました。

結果、ストロボはあった方が良いが、歩きながら撮影して流れにあわせて撮影をすると、ストロボが無い場所まで移動するとチョット厳しい時がありました。

二日目の撮影

f:id:lurecrew:20160831205527j:plain

二日目は前日の失敗を踏まえて、ストロボをもう一台増やして電柱にも置かせてもらいました。

少しは、効果があったように思います。

後は、雨も手伝っていい感じの雰囲気で写真を撮影できました。

f:id:lurecrew:20160831222432j:plain

最後に

途中で思った事は、ストロボを電柱ではなく、こちらに移動すれば良かったと思いました。

f:id:lurecrew:20160831211539j:plain

理由は、街灯がないので背景が暗くストロボの効果が、こちらの方が効いた可能性が高いと言うこと。

街灯が無いと、ストロボの光で雨を光らせて雨の光が見やすくなると言うこと。

f:id:lurecrew:20160831213214j:plain

この写真でいうと、もう少し後ろの雨もひろって雨を光らせてくれたのでは?と思うのです。
これも、来年の課題んいなると思います。
来年は、もっといい写真を撮りたいと思います。

そして、撮った写真は高円寺阿波踊りの写真コンテストに応募しましょう!

www.koenji-awaodori.com

使用した機材