2017年話題のスマートスピーカーが続々と登場!各社の特徴と発売日は?

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-7

2017年に入って、スマートスピーカーを各社続々と発表してきましたね。

ここでは、流行りのスマートスピーカーを特集してみたいと思います。

これからスマートスピーカーが生活を変える?

現在、世界ではAIの進化が目まぐるしくなってきています。

そのAIの技術を利用したスピーカーがスマートスピーカーです。

スマートスピーカーを簡単に言うと、AI+スピーカーという事になります。

スマートスピーカーで何が出来るの?

スマートスピーカーが出来る事は、AI音声入力により、ネット接続で情報の検索やクラウドの利用、そして対応の家電などをコントロールする事が可能になります。
対応家電では、テレビや照明、エアコンなどのコントロールが可能になったりします。

従来のBluetoothスピーカーとの違いは、Wi-Fiでインターネットに接続してマイクを使ってAI機能に指示をしたり情報を得たり、コントロールをする事が可能という点。

スマートスピーカーってどこが出してるの?

先日、LINEもAI搭載のスマートスピーカー「Wave」を2017年秋に国内発売すると発表しました。

アメリカでは、AmazonがEcho(エコー)を先行で発売してかなり広まっているようです。

これから、どんどん発表されて行くと思われるスマートスピーカーですが、今現在は?というと・・・

  • Amazon Echo
  • Google Home
  • Apple HomePod
  • LINE Wave
  • Microsoft INVOKE

上記のもの発表されています。

今後は、日本企業の技術も期待したいです。
パナソニックやSONY、日立など家電とあわせたスマートスピーカーの利用が楽しみですね。

Appleを使っているならスマートスピーカーはHomePodに決まり!

homepod

Apple HomePod

Apple HomePod

おすすめポイント

  • 空間認識でどこでも高音質な音楽が聴けます。
  • iPhoneとの相性抜群!
  • Apple派ここれで決まり!

アップルからは、このHomePodが発表になりました。

特に音にこだわったHomePodは、空間認識を使って自らの室内での位置を認識し、それに合わせて自動的に音を調節する事が出来ます。
そして、4000万曲以上あるApple musicを利用して、ユーザーの好きそうな曲に深く知識を持って、新し好みの曲を探す手助けしてくれます。

HomePodの深いクリーンな低温を実現するアップルがデザインした大型ウーファーと7つのビームフォーミングツイーターのカスタムアレイを備えていて、ピュアな高周波音響を信じられないような方向性コントロールとともに実現するなど、パワフルなテクノロジーを組み込むことで音源の豊かさと意図を忠実に再現します。

AIは、勿論AppleのSiriです。

Apple派は、このHomePodで決まりですね。


メーカー Apple
製品名 HomePod
AI Siri
価格 3.8万円
発売日 2017年冬


より人間的に音声コマンドを認識するのはGoogle Homeがオススメ!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

Google Home

Google Home

おすすめポイント

  • 柔軟に音声コマンドを認識できる!
  • 常にアップデートして期待できる!
  • 意外と音も良い!

Amazon Echoに遅れを取ったGoogle Homeですが、Androidを使っている人ならGoogle Homeはオススメ!

あのGoogle アシスタントが搭載されているので「Ok Google」から音声コマンドで指示が可能になります。

Google Castに対応したアプリから音楽を再生したり、Chromecastの機能を利用してテレビに接続してYoutubeなどの動画の再生が可能。

普段使っているGoogle アシスタントが、スマートスピーカーに入っていると考えれば、便利さはわかりますよね。

勿論、アラームやタスク、スケジュール管理も可能!


メーカー Google
製品名 Google Home
AI Googleアシスタント
価格 1.2万円
発売日 2017年夏


先行逃げ切りとなるか?Amazon Echoが今後も楽しみ!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3

Amazon Echo

Amazon Echo

おすすめポイント

  • Amazonプライムの方にオススメ!
  • Amazonでショッピングが出来る!

スマートスピーカーとしては、一番乗りのAmazonですが、既にEchoだけでなくEcho Dotやディスプレイ付きのEcho Show、その他にもAmazon Tap、Echo Lookを発売しています。

Amazon Echoには、Alexa(アレクサ)というAIを搭載していて、SiriやGoogleアシスタントなどのような音声指示が可能です。

機能も、サードパーティサービスと連携される事により、様々な機能が追加されているようです。

 


メーカー Amazon
製品名 Amazon Echo
AI Alexa
価格 4400円~2.6万円
発売日 2017年夏


これからの開発に期待!Microsoft INVOKEは未知数のスマートスピーカー

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-6

Microsoft INVOKE

Microsoft INVOKE

おすすめポイント

  • ハンズフリー通話が可能
  • Skypeの通話可能

このInovokeは、マイクロソフトが開発しているスマートスピーカーになります。

2017年の秋にはアメリカで売り出される商品で、日本発売は未定。

Cortana搭載していて、音声コマンドで音楽再生や予定の確認、リマインダの設定、ニュースのチェック、スマートホームサービスの制御が可能になります。

7つのマイクで、ビームフォーミングやエコーキャンセル、ノイズリダクションを駆使し、比較的雑音の多い環境でも音声を認識できます。

特徴としては、固定電話やスマートフォン、Skype対応デバイスへのハンズフリー通話が可能。


メーカー Microsoft
製品名 INVOKE
AI Cortana
価格 未定
発売日 2017年秋


LINEをよく使う人はLINE WAVEがオススメ!メッセージ読み上げもできちゃう!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

LINE WAVE

LINE WAVE

おすすめポイント

  • 今後の各社の連携に期待できる!
  • LINE使いが便利に!

LINEは、以前に発表したClovaを搭載したスマートスピーカーWAVEを発表しました。

Clovaを搭載したAI機器は、WAVEが初めてで今後、次々と発売をしていくそうです。

このClovaを搭載したWAVEは、Wi-FiやBluetooth接続可能で、クラウドAIを用いいて、音声で操作が可能になります。

2.5インチ20Wウーファーと1.5Wツィーターを搭載して、4000万曲あるLINE MUSICから好きな音楽を再生可能になります。
音声認識用にコネクサントのマイクを4基内蔵していて5m離れた距離からも正確に会話を認識できるという優れもの!!

赤外線通信機能も備わっているので、2000以上のテレビのコントロールも可能!エアコンのコントロールも今後対応するようです。

勿論、LINEの通知やLINEニュースの読み上げも可能です。

さらに!LINEキャラクター「ブラウン」などを使ったスマートスピーカー「CHAMP」も冬に発売予定だそうです。
それに!「FACE」も開発中で、この「FACE」はディスプレイ付きのようです。

今後の展開としては、「YAMAHAのVOCALOID」や「LG」「タカラ トミー」「トヨタ」「ファミマ」などとClovaを連携し開発していくそうです。

凄く楽しみですね!


メーカー LINE
製品名 Wave
AI Clova
価格 1.5万円
発売日 2017年夏
プロセッサー Qualcomm APQ8009 1.3GHz
メモリ RAM 1GB
内蔵ストレージ 8GB
バッテリ 5,000mAh
外形寸法 86.25×139.85×201.95mm


まとめ

様々な企業から参戦が期待されそうなスマートスピーカーですが、今後購入するとしたらAndroidを使っている人はGoogle Home、AppleはHomePod、Amazonプライムを使う人はAmazon Echo、LINEのサービスをよく使う人はLINE WAVE、マイクロソフトを使う人はINOVOKEでしょうか?

今後、参戦してくる企業は、この辺の先進企業に対抗する大きな切欠とアイデアが必要になってきますね。

私も、今後このスマートスピーカーに注目していきたいと思います。

【VRカメラ】LGの360°ビデオ カメラが安くなった~!今がオススメ!

ice_screenshot_20170512-132014

去年は、VR元年とも言われて様々な機器が登場しました。

その中でも、自分で360°を撮影できるアクションカムが、各社からリリースされました。

そこでも、発売当初からLGの360°カメラが意外と評判が良く、何より安いので手軽に360°カメラが楽しめるのが人気でした。

2017年安売りしているLG360°カメラ

Amazonなどで、気軽に注文が可能なLGの360°カメラ。

新機種の発表が近いのでしょうか?2017年になって、価格が少しづつ下がり始めました。

これから、夏になってレジャーやキャンプを友達や家族と過ごすのに、この360°カメラは、楽しい思い出を余すこと無く保存できます。

1つ持っていても良いかもしれませんね。

LG 360 Cam R105の外観

外観は、意外とコンパクトで女性でも持ちやすい形になっています。

ice_screenshot_20170512-132115

形が意外と可愛らしいですね。

ice_screenshot_20170512-132120

レンズが大きいので、専用ケースが嬉しいですね。

ice_screenshot_20170512-132133

アクセス ボタンはサイドに。

LG 360 Cam R105は気軽に録画できます!

ice_screenshot_20170512-132230

簡単操作で、気軽に360°のVR動画が撮影出来るのは良いですね。
13MPで2Kの撮影が手軽に楽しめるのでオススメ!

2Kビデオが撮れるLG 360 Cam R105

ice_screenshot_20170512-132256

2K撮影で、高画質のVR動画撮影が楽しめます。

Google street Viewにも楽々アップロード

ice_screenshot_20170512-132316

YoutubeやGoogle Street Viewのアプリで簡単に、360°ビデオや360°写真がアップ出来ます。

概要

寸法 1.57″ x 3.82″ x 0.98″ (set only)
重量 2.65 oz. (set only)
カメラ dual 13 MP
接続性 Wi-Fi®, Bluetooth®
バッテリー容量 1,200 mAh
マイク 3
9軸センサ Yes
* 外部メモリを挿入しないと起動できません.。

まとめ

1万6千円程度まで下がっているので、アクションカムを買うより安いですね。

2K撮影が可能ですが、SamsungのGear 360よりは画質的に劣る気がします。

あと数千円足せば、旧型のGear 360も購入できるので、その辺はYoutubeなどを見て比べてみても良いかもしれませんね。

,

目的別おすすめプリンター・キャノン・エプソンの機種を紹介や選び方

f:id:lurecrew:20161017123454j:plain

最近は、スマホのカメラも良くなってきましたし、ミラーレスカメラの登場で、簡単に綺麗な写真が撮影できるようになりました。
でも、せっかく撮った写真も印刷して初めて写真としての価値がでます。

そんな時、自宅で印刷をする場合はやっぱりプリンターですよね。

ビジネスでも家庭でも気軽に印刷が楽しめるプリンター。メーカーもエプソン、キャノン、ブラザーを良く耳にしますが、比べてみて実際にどれが良いか分からない~。
という方も多いのではないでしょうか?

今回は、プリンターの選び方やおすすめのプリンターを紹介したいと思います。

おすすめ!プリンターは目的用途で選べ!

とにかく、印刷だけできれば良い人や、出来るだけコストを下げたい人、コピー機能は欲しい人、とにかく写真を綺麗にプリントしたい人など使う人によって、用途は様々です。

そんな方の参考になればと思います。

それでは、おすすめプリンターをみてみましょう!

安く購入したい人にオススメ単機能プリンター

単機能モデル プリンターは、まさしく印刷のみのプリンターです。

自宅で、気軽に印刷をたのしみたい人には、単機能モデル プリンターがオススメです。

【プリンター】とにかく安く印刷できればいい人にオススメ!

20170228005848

Canon PIXUS iP7230

Canon PIXUS iP7230

おすすめ度

9/10

    値段

    10/10

      画質

      8/10

        おすすめポイント

        • とにかく安い機種
        • 文字ブラックでクッキリ
        • 独立インク
        • 自動両面プリント

        気になる点

        • 写真には不向き
        取り敢えず、印刷がしたいという人にオススメ!
        5色ハイブリッドで、黒の顔料インクで文字もクッキリ印刷できます。
        Wi-Fi搭載で、スマホ/タブレット印刷も可能。
        表と裏もまとめてプリントできる自動両面プリント対応!
        Canon PIXUS iP7230
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        5色
        最高解像度(dpi) 9600×2400dpi
        給紙タイプ 2段カセット対応 背面給紙
        インク・用紙合計コスト 約14.6円 (L判写真)
        印刷 スピード 約18秒 (L判写真)
        外形寸法 約451×368×128mm



        大量に印刷をしたい人にはエコタンク プリンターがおすすめ!

        毎月、大量に印刷をする人には、エコタンク プリンターがオススメです!

        エコタンク プリンターは、インク カートリッジではなく、外にインクを注入できるタンクを備えていて、タンクにあるインクを利用して印刷するため、タンクにインクがある限りプリントが可能です。

        大量に印刷する方は、このエコタンク プリンターがオススメです。

        とにかくコストを下げて大量に印刷したい

        20170228005933

        EPSON EP-M570T

        EPSON EP-M570T

        おすすめポイント

        • とにかく印刷コストが安い!
        • 大量に印刷する人にオススメ!
        1ヶ月300枚プリントして、2年間で11,300枚分のプリントができる優れもの!
        様々な場面で印刷が仕放題!ビジネスなどでも大活躍!
        オフィスでも、自宅でも、場所を選ばいコンパクトサイズ!
        スマホからも簡単にプリントできる便利なネットワーク対応!
        EPSON EP-M570T
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        4色
        最高解像度(dpi) 5760×1440dpi
        給紙タイプ 背面MPトレイ
        インク・用紙合計コスト カラー : 約0.6円、モノクロ : 約0.3円
        印刷 スピード 約10ipm
        外形寸法 約445×304×169mm



        コピー機能使いたい人にオススメな複合機プリンター

        コピー機能を使いたい人は、スキャン機能も搭載された複合機 モデル プリンターがオススメです。

        この複合機には、スキャナーが搭載されているので、コンビニなどへ行かずに自宅でコピーが可能です。

        一台で、多機能を使いたい人には、この複合機 モデル プリンターがオススメです。

        コピー機能があるお手頃な複合機!EPSON EP-709A

        20170228010000

        EPSON EP-709A

        EPSON EP-709A

        おすすめポイント

        • 小さくてスッキリ置ける
        • スマホ・タブレットから楽々プリント
        • 6色で高画質プリント
        • 文章&コピーがくっきり!

        取り敢えず、コピー機能はあるタイプで、Wi-Fiやスマホ・タブレット、SDカードでの印刷も可能です。

        小さめでスッキリ置けて、6色写真高画質でキレイプリント。

        EPSON EP-709A
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        6色
        最高解像度(dpi) 5760×1440dpi
        給紙タイプ 前面給紙
        インク・用紙合計コスト 約26.5円 (L判写真)
        印刷 スピード 約1分07秒(A4写真用紙<光沢>)
        外形寸法 約390×338×163mm



        オシャレでコンパクトな複合機を選ぶならCanon TS5030

        20170228010101

        Canon TS5030

        Canon TS5030

        おすすめポイント

        • とにかくオシャレ!
        • 5色ハイブリッドで美しく印刷
        • SDカードから直接プリント

        5色ハイブリッドで、写真に強い染料インクと文字に強い顔料ブラックで美しい表現が可能!

        年賀状印刷も充分のプリントクオリティ!

        起きやすいコンパクトサイズで、SDカードからも直接プリント!

        Canon TS5030
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        5色
        最高解像度(dpi) 9600×2400dpi
        給紙タイプ 背面給紙
        インク・用紙合計コスト 約15.1円 (L判写真)
        印刷 スピード 約33秒 (L判写真)
        外形寸法 約372×315×126mm



        便利な機能が満載な複合機 プリンター

        複合機をフルに活用したい人にオススメ!

        自動両面印刷やレーベル印刷、6色インクで写真も綺麗!!

        高画質で高機能な複合機モデル プリンター!EPSON EP-879AB

        20170228010229

        EPSON EP-879AB

        EPSON EP-879AB

        おすすめポイント

        • コンパクトなデザイン!
        • 新6色インクで、緑が綺麗!
        • 背景も文字も細線も綺麗にプリント
        • 分かりやすい直感タッチパネル
        洗練されたデザインで、ぐっとコンパクトに! 6色インクで、緑が綺麗!鮮やかな再現力! タッチパネルで操作も簡単! 勿論、Wi-Fi搭載で置き場所も自由で、スマホ・タブレットからもダイレクト印刷!
        EPSON EP-879AB
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        6色
        最高解像度(dpi) 5760×1440dpi
        給紙タイプ 前面カセット 背面1枚手差し給紙
        インク・用紙合計コスト 約20.6円~約26.5円 (L判写真)
        印刷 スピード 約50秒(A4写真用紙<光沢>)
        外形寸法 約349×340×142mm



        小型でオシャレ!欲張り機能を使いたい人はコレ!Canon TS8030

        20170228010151

        Canon TS8030

        Canon TS8030

        おすすめポイント

        • 4色から選べるオシャレな本体
        • 見やすく、美しく、押しやすいタッチパネル
        • 2WAY給紙で置き場所が選べる
        • スマホタッチするだけでプリント可能
        • 写真・文字がくっきり「6色ハイブリッド」

        4色の本体カラーでインテリアにあわせて選べるデザイン!

        6色ハイブリッドなので、写真と文字がキレイに印刷可能!

        4.3型タッチパネルで、操作が簡単!

        Wi-Fi機能もあり、スマホ・タブレット印刷や自動両面印刷も可能です。

        Canon TS8030
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        6色
        最高解像度(dpi) 9600×2400dpi
        給紙タイプ 前面カセット背面給紙
        インク・用紙合計コスト 約15.9円 (L判写真)
        印刷 スピード 約18秒 (L判写真)
        外形寸法 約372×324×139mm



        A3ノビで大きく写真をプリントしたい!!

        やはり、写真となるとインク搭載数が多い方が、綺麗に印刷されます。

        写真好きは、やはり最低でもA3ノビまで対応なプリンターは欲しいですよね。

        8色顔料インクが貴方の写真の魅力を引き出してくれる!EPSON SC-PX7V2

        61dzhmowicl-_sl1451_

        EPSON SC-PX7V2

        EPSON SC-PX7V2

        おすすめポイント

        • 8色顔料インクで鮮やか写真に!
        • 保存性に優れたプリンター
        • Wifi簡単が可能

        ブルー・オレンジ・光沢インクが生み出す艶やかな発色が可能。

        再現性・保存性に優れたプリント・コアテクノロジーが魅力!

        A3ノビまで対応なので、作風でサイズが選べる!

        EPSON SC-PX7V2
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        8色(顔料)
        最高解像度(dpi) 5760×1440dpi
        給紙タイプ 背面給紙
        インク・用紙合計コスト 約21.7円 (L判写真)
        印刷 スピード 約2分30秒 (A3ノビ写真用紙<光沢>)
        外形寸法 約622×324×219mm



        写真印刷にはこだわりたい!プロフェッショナル モデル!Canon PRO-100S

        20170228010300

        Canon PRO-100S

        Canon PRO-100S

        おすすめポイント

        • 8色インクで優れた高発色・光沢性印刷
        • 3色の黒インクで滑らかモノクロ印刷
        • 保存性が高い「ChromaLife100+」

        写真印刷にこだわりたい方は、やはりプロモデル。

        A3ノビまで印刷が可能で、仕上がりはホントプロ!

        3色の黒インクで階調滑らかなモノクロを表現できる!

        Canon PRO-100S
        インク 自動両面印刷 レーベルプリント Wi-Fi NFC SDカード
        8色
        最高解像度(dpi) 4800×2400dpi
        給紙タイプ 背面給紙
        インク・用紙合計コスト 約20.4円 (L判写真)
        印刷 スピード 約28秒 (L判写真)
        外形寸法 約689×385×215mm



        おすすめ!プリンターの選び方

        本当にプリンターって色々ありますよね。

        そんなに買い換える物でもないので、選ぶ時はチャント選びたいですよね?

        最低でも、選ぶポイントはあるので、選ぶ時に参考にしてみましょう。

        ①良く使うのは写真印刷か文章印刷か?

        まず、写真印刷の場合はインクの種類が多いのを選ぶと、色彩の幅が広がって鮮やかな写真印刷が可能になります。
        5色以上がオススメです。

        もし、文章などの印刷が多い場合は、黒が顔料なものが文字がくっきりとして、綺麗な文字が印刷できます。文字をクッキリプリントしたい場合は、キャノンのハイブリッドインクがオススメ!

        ②プリンター タイプ・機能など

        プリンターの機能も様々なものがあります。
        まず、プリンターのみの機能、プリンターのみでも大きいサイズA3ノビまで印刷できるものもあります。

        そして、複合機はFAXやスキャナなどが一体型になっているタイプです。
        エプソンでは、A3まで対応した複合機もあるようです。

        ③プリンターのランニング コストは?

        一番は、ランニング コストがきになりますね。
        インク代も馬鹿になりません。
        ただ、純正でないと色の持続性や発色が変わってきます。

        それが気にならない人は、互換性のあるインクでも良いとは思いますが、その場合は保証がなくなりますので、自己責任になります。

        ただ、エプソンではエコタンク モデルといって、インクタンクが外に設置されていてそこにインクを補充するだけで、長く使用できるといったモデルもあります。

        まとめ

        文章もキレイに印刷したいという人は、キャノンのハイブリッドインク対応!顔料の黒で文字もクッキリ印刷が可能です。
        写真を印刷したい人は、エプソンの6色印刷!コントラスが少し高めで、鮮やかな色合いで印刷が可能!

        写真だけにこだわりたい人は、プロモデルにお任せ!

        これから、年賀状なども考えている人で、頻繁に印刷をする人は、コストで考えて観ても良いかもしれません。

        ,

        【オススメ】富士フィルム Xシリーズのコンパクト カメラ 初心者からプロまで【コンデジ】

        f:id:lurecrew:20160726115405j:plain

         

        プレミアム コンパクト カメラ

        持っておきたい高級デジカメ

        FUJIFILM X100F
        • フジノン単焦点レンズ 23mm F2
        • X-Trans CMOS III & X Processor Pro
        • 2,430万画素
        • アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー
        • 直感的なアナログ操作
        • 素早くフォーカスエリアを変更できる「フォーカスレバー」
        • フィルムシミュレーション「ACROS」
        • デジタルテレコンバーター
        FUJIFILM X100T
        • フジノン単焦点レンズ 23mm F2
        • X-Trans CMOS II & EXR Processor II
        • 1,630万画素
        • アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー
        • 洗練された操作性
        • フィルムシミュレーション “クラシッククローム”
        FUJIFILM X70
        • フジノン単焦点レンズ 18.5mm F2.8
        • X-Trans CMOS II & EXR Processor II
        • 1,630万画素
        • ファインダーなし
        • オートモード切替レバー
        • マニュアルダイヤルオペレーション

        型落ちでもまだまだ現役

        まだ全然現役で使えるデジカメ

        FUJIFILM X100s

        発売日:平成25年2月23日(土)

        • フジノン単焦点レンズ 23mm F2
        • 1,630万画素
        • ハイブリッドビューファインダー
        FUJIFILM X30

        まずは安値で使い倒す

        発売日:平成26年9月20日(土)

        • フジノン光学式4倍ズームレンズ 7.1mm~28.4mm F2.0(広角)~F2.8(望遠)
        • 1200万画素
        • 電子ビューファインダー

        とりあえず手にして使い倒す

        FUJIFILM X100

        発売日:平成23年3月5日(土)

        • フジノン単焦点レンズ 23mm F2
        • 1230万画素
        • ハイブリッドビューファインダー
        FUJIFILM X20

        発売日:平成25年2月23日(土)

        • フジノン光学式 4倍ズームレンズ 7.1mm~28.4mm F2.0(広角)~F2.8(望遠)
        • 1200万画素
        • 2.8型 TFTカラー液晶モニター 約46万ドット (視野率 約100%)
        FUJIFILM X10

        発売日:平成23年10月22日(土)

        • フジノン光学式4倍ズームレンズ 7.1mm~28.4mm F2.0(広角)~F2.8(望遠)
        • 1200万画素
        • 2.8型TFTカラー液晶モニター 約46万ドット(視野率約100%)

        お手頃コンパクトデジタルカメラ

        FUJIFILM XQ2
        FUJIFILM XQ1
        FUJIFILM XF1

        最後に

        やはり、コンデジといえばスナップ撮影。
        オススメは、私も使用しているFujifilm X70になっちゃいますね。
        是非、カメラ屋さんで試してみてください。

        , , ,

        【オススメ】富士フィルム Xシリーズ 単焦点レンズ 全種類 【フジノンレンズ】

        %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-8

        凄く評判の高い富士フィルムのフジノンレンズ単焦点!!

        見ているだけでテンションが上がりますよね!!

        是非、単焦点の魅力を実感してください。

        XF広角単焦点レンズ

        FUJINON XF14mmF2.8 R

        • 一押しレンズ
        • スナップには最適

        FUJINON XF16mmF1.4 R WR

        • 凄い描写力
        • 寄れるし安心なレンズ

        FUJINON XF18mmF2 R

        • 手軽さナンバーワン
        • 着けっぱなしでカバンにポン

        FUJINON XF23mmF1.4 R

        • ポートレートでも最高
        • 一度使ったら手放せないレンズ

        FUJINON XF23mmF2 R WR NEW

        • 新商品
        • 23mmを試したい人にオススメ

        XF標準単焦点レンズ

        FUJINON XF27mmF2.8

        • 初心者にオススメ
        • 意外と楽しめるレンズ

        FUJINON XF35mmF1.4 R

        • Xシリーズでは古いレンズ
        • 癖があるが使うとハマる

        FUJINON XF35mmF2 R WR NEW

        • お手軽な35mm
        • 標準レンズの練習にどうぞ

        XF望遠単焦点レンズ

        FUJINON XF56mmF1.2 R

        • ポートレート撮るなら
        • 一度使うとワクワクするレンズ

        FUJINON XF56mmF1.2 R APD

        • ボケ味がチョット違う!
        • 綺麗にポートレートを撮るならコレ!

        Fujinon XF50mm F2 (2017年2月23日発売予定)NEW

        • 50mmクラスが格安に手に入るようになりました。
        • 軽くて機能的なレンズなので、初心者の方にもオススメ!

        FUJINON XF90mmF2 R LM WR

        • こちらもポートレートにどうぞ。
        • チョット違った画になる。

        XFマクロレンズ

        FUJINON XF60mmF2.4 R Macro

        • Fujinon唯一のマクロレンズ
        • 解像度は抜群

        テレコンバーター

        FUJINON XF1.4X TC WR

        FUJINON XF2X TC WR NEW

        まとめ

        どれもオススメなレンズですが、一番好きなのは14mm、16mm、23mmです。スナップにはこの3本で十分です。

        人物なども撮る場合は、23mm、56mm、90mmが良いかもしれませんね。

        とても優れたフジノンレンズ、沢山悩んでくださ~い。

        , , ,

        【オススメ】富士フィルム Xシリーズ ズームレンズ 全種類 【フジノンレンズ】

        %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-9

        XF広角ズーム

        FUJIFILM XF10-24mm F4 R OIS

        •  F4通しの広角ズームレンズ
        • 一つは持っていたいズームレンズ
        • 手ブレ補正

        XF標準ズーム

        FUJIFILM XF16-55mm F2.8 R LM WR

        •  F2.8通しの標準ズーム
        • これ一つ着けっぱなしで旅行へ行こう

        FUJIFILM XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

        •  広角側F2.8のすぐれもの
        • 以外と優秀なレンズです。
        • 手ブレ補正

        FUJIFILM XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

        •  広角から135mmのズームまでいけちゃう!
        • レンズ交換が面倒な方はこれかな?
        • 手ブレ補正

        XF望遠ズーム

        FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

        •  運動会に大活躍
        • イベントには持って行きたい一本
        • 手ブレ補正

        FUJIFILM XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

        •  予算が無い方はコレ。
        • 200mmまで撮れちゃう。
        • 手ブレ補正

        FUJIFILM XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

        •  動物写真にはコレがが最高
        • カワセミも撮れちゃうよ~
        • 手ブレ補正

        XC標準ズーム レンズ

        FUJIFILM XC16-50mm F3.5-5.6 OIS II

        •  お手頃なお値段なXCレンズの標準ズーム
        • 手ブレ補正

        XC望遠ズーム レンズ

        FUJIFILM XC50-230mm F4.5-6.7 OIS II

        •  230mmのXC望遠レンズ
        • 手ブレ補正

        最後に

        結構、ズームもラインナップが豊富になってきました。

        他社のデジタル一眼に比べたら、半額で手に入るのでミラーレスにシフトする人も多いのではないでしょうか?

        F2.8通しの2本XF16-55mm F2.8とXF50-140mm F2.8、この2本があればイベントで十分撮影できますね。

        ,

        【オススメ】富士フィルム ミラーレス デジタル カメラ 【プロからカメラ女子】

        f:id:lurecrew:20160726120634j:plain

        最近、海外でも注目されてきた富士フィルムのミラーレス カメラ。

        新機種も出てきたので、分かりやすく比較してみました。

        プロ機新型センサー2016年 最新モデル

        やっぱり、上位機種が使いたいという方はこちらがオススメ

        FUJIFILM X-Pro2

        • アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー
        • 1/8000秒メカニカルシャッター
        • 7×7に拡大した位相差AFエリア
        • 圧縮RAW
        • 防塵・防滴・耐低温構造

        FUJIFILM X-T2

        • AF-Cカスタム設定
        • 高性能EVF(倍率0.77倍、表示タイムラグ0.005秒、ライブビュー100フレーム/秒)
        • 4K動画撮影
        • 縦位置パワーブースターグリップ
        • 防塵・防滴・耐低温構造
        • AF性能向上

        FUJIFILM X-T20

        • 4K動画撮影
        • 静電式タッチパネルディスプレイ
        • アドバンストSRオート
        • AF-Cカスタム設定

        やっぱり、新センサーX-Trans CMOS IIIを使ってみたい!やはり、持った感じも上位機種といった感じ。これを買っておけば、間違いなし。

        X-T2は、先日発表されたばかりの新機種。9月30日発売予定で予約受け付け中。

        • 新センサーX-Trans CMOS III
        • 画素数:約2,430万画素 APS-Cセンサー
        • フォーカスが早い

        型落ちでも、まだまだ現役で使える上位機種

        FUJIFILM X-Pro1

        FUJIFILM X-T1

        富士フィルムのミラーレス カメラを牽引してきたと言って良いX-Pro1と革命を起こしたX-T1。まだまだ、現役で使えるのでこの辺でOKという方にオススメ。

        • X-Trans CMOS IIセンサー
        • 画素数:1,630万画素 APS-Cセンサー
        • まだまだ現役な上位機種

        チョット価格を下げたいな~という方はこちら

        FUJIFILM X-T10

        FUJIFILM X-E2

        センサーも同じで、お手頃な価格なのでこちらで十分という方にオススメ。

        • X-Trans CMOS IIセンサー
        • 画素数:1,630万画素 APS-Cセンサー
        • 価格がお手頃

        初心者なので普通に撮れれば良いので価格重視で考えたい

        FUJIFILM X-E1

        FUJIFILM X-M1

        出荷終了品となってしまった機種。それでも、まだまだ現役で使える機種。

        • X-Trans CMOS IIセンサー
        • 画素数:1,630万画素 APS-Cセンサー

        女の子にオススメ オシャレなミラーレス カメラ

        FUJIFILM X-A3

        • 正方画素CMOSセンサー
        • 可愛いレトロデザインのミラーレス機
        • タッチパネル
        • 180°スライドチルト背面液晶&美肌モード
        • 画素数;2420万画素 APS-Cセンサー

        FUJIFILM X-A2

        FUJIFILM X-A1

        カラーバリエーションが豊富なのが特徴の機種。おしゃれに持ち歩きたいというカメラ女子やこれからカメラ女子になりたいという方にオススメ。

        • 正方画素CMOSセンサー
        • 画素数:1,630万画素 APS-Cセンサー
        • おしゃれ女子にオススメ

        【番外編】ミラーレス 中判カメラ

        遂に登場した、国産初のミラーレス 中判機!!!

        ミラーレスの革命をこの機種が起こしました!
        これから、Fujifilmが進化していく事でしょう!

        FUJIFILM GFX 50S

        • ベイヤ―CMOSセンサー 43.8mm×32.9mm (FUJIFILM G Format)
        • 画素数:約5,140万画素 APS-Cセンサー

        中判機だけあって、センサーサイズが大きいですね。
        ただ、このカメラを使いこなすのは至難の技だと思います。

        値段も普通に手の出る金額ではないですけどね。

         まとめ

        私が使っているメーカー 富士フィルムのミラーレス デジタル カメラの紹介でした。

        私にとっては、ミラーレスでも問題なく仕事でも使えると確信をもたせてくれた、富士フィルムのミラーレス デジタル カメラ。

        はじめに使ったのは、Fujifilm X-E1そして、ミラーレス業界に革命を起こした機種Fujifilm X-T1。
        今では、Fujifilm X70、Fujifilm X30、Fujifilm X-T2、Fujifilm X100Fと色々使い分けています。

        フィルムメーカーだからこそ、色使いが良いですね。

        是非、カメラ屋、電気店にて触ってみてください。

        360°カメラからコンデジ、スマホもOKなFeiyuTech G360の3軸ジンバル!

        ice_screenshot_20170424-131440

        360°動画を撮影するのに手ブレは、つきものでしたが・・・・

        この3軸ジンバルを使えば、ブレのない360°のVR動画を撮影が可能になります。

        手ブレで悩んでいる人は、このFeiyuTech G360は如何でしょうか?

        手ブレのないVR動画撮影にFeiyu Techの3軸ジンバル

        ice_screenshot_20170424-131502

        Feiyu Tech G360は、新たな構造で様々なカメラを乗せる事が可能になりました。

        360°カメラやコンデジ、アクションカムなどこれ1つで色んなカメラに対応します。

        コンデジ、360度カメラ、アクションカムからスマホまで様々カメラが使えます!

        ice_screenshot_20170424-131539
        G360では、複数のカメラを正確にカウンタ ウェイト システムで調整が可能です。

        パノラマカメラやアクションカムも簡単にバランスをとることが出来ます。

        デジタルカメラとスマートフォンも広範囲サポート

        ice_screenshot_20170424-131559

        モジュラー交換用固定金具を使う事で、G360はアクションカムやパノラマ360度カメラに加えて、iPhoneやデジタル カメラなどもサポートできる画期的なジンバルです。

        ice_screenshot_20170424-131522

        • ツインボディ デザイン
        • 対応カメラが多い
        • アプリでリモコン コントロール
        • 精密なバランス調整可能
        • 360°の無限パンニング
        • 高速クイックリリース
        • 最大6時間駆動
        • ワンプレス パノラマ

        ワンタッチでダイナミックパノラマ!

        ice_screenshot_20170424-131646

        G360を使用することで、手ブレが軽減され安定したパノラマ360度動画撮影することが可能です。

        更にアプリを使用してコントロールも可能なFeiyuの多機能3軸ジンバルです。

        高性能なブラシレスモーター使用

        ice_screenshot_20170424-131722

        G360は、高精度なブラシレスモーターを使用して、パン、チルト、ローリングの正確なアイドルコントロールを行います。

        高度な姿勢技術により、感度と精度の両方が向上し、安定した滑らかなパノラマビデオを実現します。

        精密なバランススケールを備えた落下防止型高速解体プレート

        ice_screenshot_20170424-131736

        Feiyu Tech G360にはドロップ プルーフ プレートが搭載されています。

        このデュアルスライドプレートは、素早くカメラを交換するための分解と組み立てが行えます。
        固定具には専用のドロップ プルーフロックがあり、誤って落下するのを防ぐためにロックを押し込む前にプレートを動かすことは出来ない仕組みになっています。

        カメラの機種によってカウンターウェイト アームを調整してバランスを取ることが可能です。
        天びんのわずかな調整がすべて正確に行えます。

        1つのボタンでパノラマ操作可能

        ice_screenshot_20170424-131804

        Feiyu Tech G360には、パノラマ撮影用のユーザーインターフェイスが強化されています。
        ジョイスティックは、微妙にパン角度を調整できます。

        手元のボタン操作1つで、モードを切り替えることができます。
        専用のパノラマボタンはジンバルを1回押すだけで水平に360度の回転します。
        アクションカメラや携帯電話でも、機種を選ばずに同じ機能が使用でき、パノラマ動画を作成できます。

        オールラウンドの互換性

        ice_screenshot_20170424-131840
        1/4インチのネジ穴が底面に切ってあり、Feiyu Tech G360は無制限に拡張が可能です。
        1/4インチネジ穴なので、色んな三脚を使用できます。

        三脚だけでなく、マイクとフラッシャーのようなアクセサリーはコールドシューズで取り付け可能で、撮影効率が飛躍的に向上できます。

        市販のスマートフォンクリップを使用して、携帯電話をFeiyu Tech G360に接続も可能で、お手持ちのカメラのスマートフォンアプリを介して、リアルタイムで映像を監視することができます。

        ice_screenshot_20170424-131906

        • 22,650mAhの大容量バッテリー
        • MicroUSBで充電が可能
        • 1時間の急速充電

        まとめ

        このFeiyu Tech G360のブラシレス3軸ジンバルがあれば、色んな小型カメラを搭載できるので、今後買い替えるという心配もなくなりますね。

        違うカメラを購入した時にも、小型であれば対応できますし、本体自体小型なので旅行でも使えそうです。

        今年2017年のヒット商品になりそうですね。

        オススメ!4Kが可能な360度カメラSumsung Gear 360(2017)が凄い!

        %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4

        4K動画が当たり前になりつつあるカメラ業界で、360°動画も4Kが主流になり始めてきています。

        評判の良かったGear360のSumsungも、2017年に新機種を投入してきました。

        このカメラに期待が高まりますね。

        Gear 360 (2017)

        4Kが撮れるようになった360°ビデオカメラ!

        ice_screenshot_20170424-111158

        ジャジャン!!

        今回は、スタイリッシュで良い感じですね。

        クオリティ

        ice_screenshot_20170424-111246

        まず、4Kで360度の動画撮影が手軽に楽しめるのが良いですね。

        今回は、少し小型になって持ち手も追加されました。

        シェア

        専用のアプリで、シェア機能も簡単に出来てしまいます。

        ice_screenshot_20170424-111851

        ライブ機能搭載!近年、海外でもライブ配信が流行ってきて、ライブ配信も気軽に楽しめます。

        ice_screenshot_20170424-111317

        シェアも簡単で、カメラで撮影して専用アプリからSNSなどのサービスにシェアが楽しめます。

        ice_screenshot_20170424-111344

        コンテンツに合わせて、Sumsung Gear360アプリで5つの表示モードに切替可能です。

        簡単にビデオや写真を幻想的な作品に仕上げる事が出来ます。

        デザイン

        なんと行っても、デザインの変更が良い!

        今までは、まん丸のボールのようなデザインでしたが、今回は持ち手がついてアクセサリーなどを使わなくても、簡単に手で持って撮影が可能になりました。

        旅行先でも、気軽に撮影ができて良いですね。

        ice_screenshot_20170424-1109042

        ice_screenshot_20170424-110807

        上からみた感じ。

        ice_screenshot_20170424-110823正面は、こんな感じ。

        ice_screenshot_20170424-110829

        横にメニューなどのボタンがあります。

        パフォーマンスice_screenshot_20170424-110949

        フル充電で、256GBのMicroSD、2560×1280 30fpsの録画で最大130分の撮影が可能。

        電池やメモリーの容量を気にせずに、旅行を楽しめます。

        互換性

        スマートフォンやGear VRからPCに至るまで、幅広いデバイスでの録画、ライブストリーミングの共有が可能です。

        ice_screenshot_20170424-111021

         

        ice_screenshot_20170424-111114ice_screenshot_20170424-111043

        スペック(旧Gear 360との比較)

        サイズ

        %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

        カメラ Gear 360(2017) 旧Gear 360
        高さ 100.6mm 56.3mm
        46.3mm 60.1mm
        厚さ 45.1mm 66.7mm
        重量 130g 152g

        カメラ

        カメラ Gear 360(2017) 旧Gear 360
        イメージセンサー CMOS,8.4MP×2 CMOS,15.0MP×2
        動画解像度 360°(4096×2048)@24fps 360°(3840×1920)@30fps
        シングルレンズ 1920×1080(60fps)
        F値 F2.2 2.0
        コーデック MP4(H.265) MP4(H.265)

        パフォーマンス

        カメラ Gear 360(2017) 旧Gear 360
        バッテリー 1160mAh 1.350mAh
        メモリーカード MicroSD(最大256GB) MicroSD(最大256GB)
        対応OS Android, iOS – Mobile Application
        Windows, Mac – PC Software
        Android, iOS – Mobile Application
        Windows, Mac – PC Software
        対応スマートフォン Galaxy S8, S8+, S7, S7 Edge, Note5, S6, S6 Edge, S6 Edge+, A5/A7 (2017) running Android 5.0 or later.
        iPhone 7, 7+, 6S, 6S+, SE running iOS 10.0 or later.
        Galaxy S7 edge,Galaxy S6|S6 edge
        ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz), Wi-Fi Direct, Bluetooth v4.1 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz), Wi-Fi Direct, Bluetooth v4.1
        接続 USB 2.0 (Type-C) USB 2.0

        Sensor

        Gyro, Accelerometer

        Water &
        Dust proof

        IP53 (Dust and Splash-proof)

        まとめ

        先日は、旧型Gear360が安くなったと記事を書きましたが、4K撮影や防塵防滴が必要でしたらGear360(2017)で、4K撮影や防塵防滴が必要なければ、まだまだ旧型でも充分楽しめると思います。

        Sumsung Gear 360が激安に!LG 360度 LG-R105もお買い得!

        ice_screenshot_20170512-131754

        昨年は、VR元年と言われるほど多くの360°カメラやVR機器が発売されました。

        そんな2017年は、まだまだゾクゾクと新機種の発表や後継機種が発売されています。

        そこで、昨年のVR 360°カメラの中でも高人気の機種が安値で販売されていので紹介したいと思います。

        オススメ!安くなってお買い得な360度 ビデオ カメラ

        360度動画を撮るならSumsung Gear 360がお得!

        Sumsungと言えば、昨年は不祥事やGalaxy Noteのリコールなどで人気が下がってきていますが、このGear 360は、そんな評判とは正反対でとてもいい商品で人気の高い機種です。

        何と言っても画質が良い!

        これがなんと25,000円を切ってAmazonで販売されています。

        並行輸入ですが、海外ではGear 360(2017)が発売されてこの機種が安くなったのでしょう。

        このGear 360は、こらからの旅行やイベント、日々の生活などの360度 動画撮影に良いかも!

        激安になったLGのLG-R105で360度 動画がとれちゃう!

        LG-R105も、Sumsung Gear360に続いて人気の機種です。

        これは、発売当時からお手頃な価格で発売されていましたが、今はなんと17,000円を切って販売されています。

        これも並行輸入ですが、正直このくらいの値段なら試しに買ってみても良いかもしれないですね。
        このLGの360度カメラLG-105も、Gear 360よりは画質落ちますが、それでも綺麗に映ると人気のある機種です。

        旅行や日常の生活、イベントなどで360度 動画を撮影するにはオススメ!

        まとめ

        今回は、Sumsong Gear360とLG LG-105が激安になったので紹介しました。

        RICOH THETAも安い機種が販売されていますが、ただ画質がチョット・・・・といった意見が多いようです。

        Youtubeにもサンプル動画が沢山ありますので、是非いろいろと見て検討してみてください。