, , ,

【オススメ】富士フィルム Xシリーズ 単焦点レンズ 全種類 【フジノンレンズ】

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-8

凄く評判の高い富士フィルムのフジノンレンズ単焦点!!

見ているだけでテンションが上がりますよね!!

是非、単焦点の魅力を実感してください。

XF広角単焦点レンズ

FUJINON XF14mmF2.8 R

  • 一押しレンズ
  • スナップには最適

FUJINON XF16mmF1.4 R WR

  • 凄い描写力
  • 寄れるし安心なレンズ

FUJINON XF18mmF2 R

  • 手軽さナンバーワン
  • 着けっぱなしでカバンにポン

FUJINON XF23mmF1.4 R

  • ポートレートでも最高
  • 一度使ったら手放せないレンズ

FUJINON XF23mmF2 R WR NEW

  • 新商品
  • 23mmを試したい人にオススメ

XF標準単焦点レンズ

FUJINON XF27mmF2.8

  • 初心者にオススメ
  • 意外と楽しめるレンズ

FUJINON XF35mmF1.4 R

  • Xシリーズでは古いレンズ
  • 癖があるが使うとハマる

FUJINON XF35mmF2 R WR NEW

  • お手軽な35mm
  • 標準レンズの練習にどうぞ

XF望遠単焦点レンズ

FUJINON XF56mmF1.2 R

  • ポートレート撮るなら
  • 一度使うとワクワクするレンズ

FUJINON XF56mmF1.2 R APD

  • ボケ味がチョット違う!
  • 綺麗にポートレートを撮るならコレ!

Fujinon XF50mm F2 (2017年2月23日発売予定)NEW

  • 50mmクラスが格安に手に入るようになりました。
  • 軽くて機能的なレンズなので、初心者の方にもオススメ!

FUJINON XF90mmF2 R LM WR

  • こちらもポートレートにどうぞ。
  • チョット違った画になる。

XFマクロレンズ

FUJINON XF60mmF2.4 R Macro

  • Fujinon唯一のマクロレンズ
  • 解像度は抜群

テレコンバーター

FUJINON XF1.4X TC WR

FUJINON XF2X TC WR NEW

まとめ

どれもオススメなレンズですが、一番好きなのは14mm、16mm、23mmです。スナップにはこの3本で十分です。

人物なども撮る場合は、23mm、56mm、90mmが良いかもしれませんね。

とても優れたフジノンレンズ、沢山悩んでくださ~い。

, , ,

【オススメ】富士フィルム Xシリーズ ズームレンズ 全種類 【フジノンレンズ】

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-9

XF広角ズーム

FUJIFILM XF10-24mm F4 R OIS

  •  F4通しの広角ズームレンズ
  • 一つは持っていたいズームレンズ
  • 手ブレ補正

XF標準ズーム

FUJIFILM XF16-55mm F2.8 R LM WR

  •  F2.8通しの標準ズーム
  • これ一つ着けっぱなしで旅行へ行こう

FUJIFILM XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

  •  広角側F2.8のすぐれもの
  • 以外と優秀なレンズです。
  • 手ブレ補正

FUJIFILM XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

  •  広角から135mmのズームまでいけちゃう!
  • レンズ交換が面倒な方はこれかな?
  • 手ブレ補正

XF望遠ズーム

FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

  •  運動会に大活躍
  • イベントには持って行きたい一本
  • 手ブレ補正

FUJIFILM XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

  •  予算が無い方はコレ。
  • 200mmまで撮れちゃう。
  • 手ブレ補正

FUJIFILM XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

  •  動物写真にはコレがが最高
  • カワセミも撮れちゃうよ~
  • 手ブレ補正

XC標準ズーム レンズ

FUJIFILM XC16-50mm F3.5-5.6 OIS II

  •  お手頃なお値段なXCレンズの標準ズーム
  • 手ブレ補正

XC望遠ズーム レンズ

FUJIFILM XC50-230mm F4.5-6.7 OIS II

  •  230mmのXC望遠レンズ
  • 手ブレ補正

最後に

結構、ズームもラインナップが豊富になってきました。

他社のデジタル一眼に比べたら、半額で手に入るのでミラーレスにシフトする人も多いのではないでしょうか?

F2.8通しの2本XF16-55mm F2.8とXF50-140mm F2.8、この2本があればイベントで十分撮影できますね。

【カメラ】Fujifilm X100Fのおすすめケース!

91chghnu0fl-_sl1500_

Fujifilm X100Fのケースが徐々に登場してきたので、少しだけ紹介したいと思います。

Fujifilm X100Fのコンデジをケースに入れる理由

やっぱり、カメラを購入したらケースに入れるのをオススメ致します。

特にコンデジだと、手軽に持ち運べるのでついつい乱雑になってしまう時が多くなったります。
ポケットに入れたり、バッグに放り込んだり傷がつく可能性が高くなります。

味が出て良い!という人もいると思いますが、やっぱり出来るだけ傷がつくのは避けたいですよね?

そんな時は、専用ケースにいれて使用するのが一番です。

Fujifilm X100Fの純正ケース

816m1wadbfl-_sl1500_

純正のFujifilm X100Fケースです。
上部と下部がセットになっていて、上部は取り外しが可能です。

純正だけあって、しっかりとした作りがオススメ!

  • 色は2色

GARIZのカッコイイFujifilm X100Fケース

71-40-cwd3l-_sl1200_

GARIZと言えば、ケース業界では有名なブランドになりましたね。

そこが、ステンレスのメタルでカッコイイ仕様はオススメ!

  • 色は4色から選べます

TP OriginalのFujifilm X100Fケース

61m7pqxvwl-_sl1000_

この辺になってくると、若干安くなってきます。

安くても、意外としっかりとしているこのケースなのでオススメ!

  • 8色から選べます

TP OriginalのFujifilm X100Fのフルケース

51p9hcacxbl-_sl1000_

TP Originalのフルケースです。

勿論、上部のトップ部分も取り外しが可能です。

  • 2色から選べます

kinokooのFujifilm X100Fケース

61whfppenl-_sl1143_

グリップ感が良さそうなボトムケース。

安くても、意外としっかりとしてるのが良いですね。

  • 3色から選べます

kinokooのFujifilm X100Fのフルケース

6106skm98nl-_sl1001_

kinokooのFujifilm-X100Fのフルケース。

結構、ごっついのでカメラの保護には良さそうですね。

ただ、ボタン類の取り外しが面倒です。

  • 2色から選べます

まとめ

これから、Fujifilm X100Fのケースをお考えの方は、ケース選びも楽しいですね。

じっくり、選んでみてください。

,

Fujifilm X-T2&Fujifilm X-Pro2の33項目のアップデート

17498964_1302168519904506_5550014871255495393_n

富士フィルムのX-T2&X-Pro2のファームウェアアップデート

富士フィルムが、ミラーレス デジタル カメラ「Xシリーズ」のダブルフラッグシップモデル「Fujifilm X-T2」「Fujifilm X-Pro2」を2017年3月下旬および5月下旬に、操作性改善や機能追加に関するご要望を反映させた新しいファームウエアがアップデートされます。

3月下旬公開予定 アップデート

ファームウェアバージョン

FUJIFILM X-T2: Ver.2.00
FUJIFILM X-Pro2: Ver.3.00

ファームウェア アップデート内容

1.ブラケットおよびAdv.フィルター撮影でのRAW画像の記録
AEブラケットに加えて、ISO、ダイナミックレンジ、ホワイトバランス、フィルムシミュレーションの各種ブラケットおよびAdv.フィルターの撮影において、RAW画像を記録できるようになります。

2.拡張感度にISO125、ISO160を追加
低感度の拡張感度でISO125、ISO160を選択できるようになります。

3.長秒側のシャッタースピードを15分まで拡張
タイム撮影(T)時の長秒側のシャッタースピードは、従来30秒でしたが、最長15分までに大幅に拡張されます。

4.シャッタースピードの1/3段補正の無効化(X-T2のみ対応、X-Pro2搭載済み)
コマンドダイヤル操作でのシャッタースピードの1/3段補正を無効化することが可能となり、意図しない操作を抑制できます。

5.コマンドダイヤルでのISO感度全域変更(X-T2のみ対応)
ISO感度「A」ポジションを「コマンド」に設定することで、拡張感度も含めたISO感度全域をフロントコマンドダイヤルで変更可能になります。

6.感度AUTO設定の低速シャッター限界に「AUTO」を追加
感度AUTO設定の低速シャッター限界を「AUTO」に設定すると、レンズの焦点距離に応じてカメラが自動で低速シャッターの限界を設定するようになります。

7.顏検出AFの高速化
像面位相差AFを活用することにより、顏検出AFがより高速になります。

8.AF-Cモードでの合焦表示の改善
AF-Cモードにおいて、合焦表示のハンチング動作を抑制し、より被写体を追い易くなります。

9.AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加
AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加。全6サイズから選択可能となり、最少サイズではピンポイントなフォーカシングが可能になります。

10.「AFポイント表示」の追加(X-Pro2のみ対応、X-T2搭載済み)
AFモードの「ゾーン」または「ワイド/トラッキング」において、AFポイントの常時表示が可能となり、より被写体を追い易くなります。

11.「AF-Cカスタム設定」の追加(X-Pro2のみ対応、X-T2搭載済み)
AF-C設定時にピントの追従性を設定できる「AF-Cカスタム設定」では、被写体の動きに合わせた設定を5つのプリセットから選択できます。

12.「縦/横位置AFモード切替」の追加(X-T2のみ対応)
縦位置、横位置の撮影において、それぞれでAFモード、AFエリアを別々に設定できるようになります。

13.ピント位置拡大中の位置変更
マニュアルフォーカス、およびAF-Sの「シングルポイント」でのピント位置拡大中に位置変更が可能になります。

14.動画記録中のアイセンサー有効化(X-T2のみ対応)
動画記録中にアイセンサーが有効となり、EVFとLCDを自動で切り替えることができます。

15.動画記録中のISO感度変更(X-T2のみ対応)
動画記録中のISO感度変更が可能になります。

16.動画記録中の再AF(X-T2のみ対応)
動画記録中にレリーズボタンの半押しおよび「AF-ON」を割り当てたボタンを押すことにより、AFのやり直しが可能になります。

17.動画記録中のヒストグラム表示(X-T2のみ対応)
動画記録中にヒストグラム表示が可能になります。

18.外部マイク入力レベルの最適化(X-T2のみ対応)
外部マイク入力レベルを最適化(下限値を-12dBから-20dBへ見直し)することにより、プリアンプ付外部マイク接続時にホワイトノイズの低減が可能になります。

19.VIEW MODEに「アイセンサー+LCD撮影画像表示」を追加
VIEW MODEを「アイセンサー+LCD撮影画像表示」に設定することで、撮影はビューファインダー、撮影した画像の確認はLCDで行うという一眼レフのようなテンポでの撮影が可能になります。

20.EVFの表示タイムラグ短縮(X-Pro2のみ対応、X-T2搭載済み)
AF-C中のEVFの表示タイムラグを短縮することにより、よりシャッターチャンスに強くなります。

21.「2画面」表示モードの常時化(X-T2のみ対応)
半押し中でも「2画面」表示モードの小画面が消えなくなります。

22.LCDの自動縦表示(X-T2のみ対応)
カメラを縦位置に回転させると、自動でLCD内の情報表示も縦表示に切り替わるようになります。

23.カスタム1~7の名前設定
カスタム1~7に名前を設定できるようになります。

24.Exif用著作権情報
あらかじめ「作成者名」と「著作権者名」を登録することができ、自動的に撮影画像のExifにコピーライト情報を付与できるようになります。

25.ボイスメモ機能
画像再生時に最長30秒の「ボイスメモ」を録音可能になります。

26.AEブラケットの機能拡張
従来の最大±2段、3枚から最大±3段、9枚までのAEブラケット撮影が可能になります。

27.「カードなしレリーズ」設定の追加
「カードなしレリーズ」設定をOFFに設定することで、SDカードの入れ忘れを防げます。

5月下旬公開予定 アップデート

ファームウェアバージョン

FUJIFILM X-T2: Ver.2.10
FUJIFILM X-Pro2: Ver.3.10

ファームウェア アップデート内容

28.無線通信によるPCリモート撮影をサポート(X-T2のみ対応)
無線通信によるPCリモート撮影に対応します。

29.AFモードに「オール」を追加(X-T2のみ対応)
AFモードの「オール」を選択すると、「AFモード」と「フォーカスエリア」のサイズ全てをコマンドダイヤルだけで変更できるようになります。

30.「半押しAF」、「半押しAE」の機能拡張(X-T2のみ対応)
「半押しAF」は、AF-SとAF-Cで、「半押しAE」は、AF-S/MFとAF-Cで別々に設定できるようになります。

31.EVF明るさに「-6」と「-7」を追加
EVF明るさで「-6」および「-7」が選択可能となり、極端に暗い撮影環境下においても、画面表示に邪魔されることなく、撮影に集中できます。

32.「2画面」表示モードでの画面入れ替え(X-T2のみ対応)
「2画面」表示モードで大画面と小画面の中身を入れ替えることが可能になります。

33.リアコマンドダイヤルのファンクション化
リアコマンドダイヤルのプッシュにファンクション設定を割り当てることができるようになります。

まとめ

今回は、動画に力を入れているX-T2のアップデートが目立ちますね。

それと、地味に嬉しい機能が増えてますね。

Fujifilm X-T2

Fujifilm X-Pro2

need help write my essay.
, ,

高級コンデジFujifilm X100F購入!オプションフードも装着

_x701556

やっぱり良かった!Fujifilm X100F

ということで、Fujifilm X100Fを購入してしまいました。

以前までは、Fujifilm X70で撮影していたスナップが、今後はFujifilm X100Fになりそうです。

Fujifilm X100F開封

開封は、感謝を込めて気持ちを込めて行います。ww

_x701545

お馴染み富士フィルムの真っ黒な箱。

_x701546

横にX100Fの文字

_x701548

セット内容は、ザックリ

  • ストラップ
  • ストラップ リング
  • 充電器&コード
  • USBケーブル
  • バッテリー

といった感じです。

_x701549

そして、現れたのはこちら!!

今回は、真っ黒にしてみました。

やっぱり、私は黒が好きですね。

Fujifilm X100F オプション購入

今回、オプションで購入したのは、HAKUBAの保護フィルム

_x701551

この辺も、サクッと貼っちゃいます。

そして、JJCのレンズフード

_x701552

このレンズフードは、X70用なんですが、サイズは同じなのでピッタリなんですね。

そして、X70でも使っていたカッコイイフードなので、お気に入りです。

_x701553

こんな感じで、前がチョット閉じているタイプです。

_x701556

前のリングが外れると、ネジ山が現れるので、そこにJJCのレンズフードを装着します。

_x701558

こんな感じで、かっこいいレンズフードを装着しました。

良い感じでしょ?

Fujifilm X100Fを購入したきっかけ

Fujifilm X100シリーズの憧れは、ずっとありました。

ただ、X70が出た時もX100Tと悩んだんですが、X70に搭載されているAFなどの機能の差でX70を購入しました。
その時も。X100Tを購入するのを逃してしまったんですが、今回、新たにセンサーもプロセッサーも変更されたX100Fは、購入しない理由が見つからなかったというのが正直な理由です。

Fujifilm X-T2も所持していますが、やはり、このコンパクトさはX-T2やX-PRO2にはないんですね。
スナップを撮るのに本当に適していると思います。

しかも、23mmm単焦点レンズ搭載で、他のメーカーにはないこだわりもあり、外で撮るのが楽しくなってきます。

まとめ

ストリートでのスナップを主に撮影される方は、このFujifilm X100Fはとてもオススメです!!

多分、これから一番の稼働率になるカメラです。

今回、購入したアイテムはこちら。

Fujifilm X100F ブラック

HAKUBA Fujifilm X100F 液晶保護フィルム

JJC Fujifilm X100F対応 レンズフード ブラック

Fujifilm X100F シルバーで揃えたい人はこちら。

Fujifilm X100F シルバー

HAKUBA Fujifilm X100F 液晶保護フィルム

JJC Fujifilm X100F対応 レンズフード シルバー

Fujifilm X100Fの記事はこら

, , ,

【CP+2017】やっぱりFujifilm X100Fは良かった!触ってみた感じレビュー

f:id:lurecrew:20170226132538j:image

f:id:lurecrew:20170226132538j:image

CP+2017日本最大のカメライベント

毎年、横浜で行われるCP+2017へ行ってきました。

毎年行ってるんですが、今年はFujifilm X100Fを目当てに行ったんですが、他のミラーレスやコンデジを触ったりしてきました。

人気のあるデジタル一眼レフは、私の選択肢から外れてしまってるので、意外と並ばずに色々と触る事ができました。

Fujifilm X100Fの魅力を実感

f:id:lurecrew:20170226133551j:plain

【Fujifilm X100F】富士フィルム X100Fが凄く良いかも!?また物欲が~

まず富士フィルムのX100Fから、触ってきました。

良かったと実感できるのは、私が求めているカメラという点なので、他の方が良いとは思いませんが、参考にして頂ければと思います。

  • 単焦点レンズ
  • AFの向上
  • センサー&プロセッサー
  • 操作性

この辺が私の基準になる点なんですが、まず単焦点レンズは余計なズームレンズをなくしてシンプルに画質のこだわりが良い。
普段でもズームレンズはあまり仕様しないので、この点は特に気になりません。
むしろ、ズームという余計な機能より他に力を入れて欲しい。その点、X100FというよりX100シリーズは全て単焦点です。

次にAFの向上。この点は、X70を購入する際に悩んだ点で、前機種X100TはAFの点から言えばX70より劣っていたので、X70を購入しました。
ただ今回は、AFの機能が向上した事によって、X70からのシフトを考えさせられました。

そして、センサーとプロセッサーなんですが、これはX-T2やX-PRO2、X-T20などと同等のセンサーとプロセッサーになったので、コレだけでも充分な写真が撮影可能になりました。
ただ、X-PRO2との差別化が個人的には難しく感じていて、例えばX-PRO2に単焦点18mmや27mmを着けても、X100Fと変わらない感じになってしまうんです。
ただ、その点を考えるとそのように思うんですが、大きさはX100Fの方が少し小さい感じで、コンパクト性を考えるとX100Fに軍配が上がります。
そして、X-T2を所持している私からすると、X-Pro2を買う利点も考えられなかったのもX100Fを考える利用の1つになります。(この点は、もう少し考えるかもしれませんが・・・)

最後に、操作性ですが、これは他社と比べてですが、私がフジユーザーだからなのもあると思いますが、Fujifilmの操作性は他社には無い操作性だったりします。
あのX100Fのような上部ダイヤルやボタン配置など、スナップを撮影する私には最適な操作性だったりします。
他社のコンデジなどをCP+で見てきましたが、他にはない操作性がX100Fの魅力と感じました。

その辺を踏まえると、X100Fは有力な機種だと思います。

後は、値段ですね。
キャンペーンもやっていないので、もう少し下がって落ち着いてからでも良いかもしれません。

CP+で気になったカメラ

CP+では色んなカメラが触れるので、色々と触って体験してきました。

気になったカメラはオリンパス

面白そうなカメラは、オリンパスのOM-D E-M1 Mark II。
これは、マイクロフォーサーズでセンサーサイズがAPS-Cより小さいサイズなんで、あまり興味も無かったんですが、AFの良さは評価が高いので試し撮りをさせて頂きました。

触った感じは、AFの速さは残念ですがFujifilmより上で、撮影していてワクワクする感じがしました。
あれなら、初心者でも楽しく写真が撮れるだろうな~って思いました。
ただ、値段が高いのと画質がチョット私好みではない感じがしました。
その点は、Fujifilmの方が上かな?と感じました。(この辺は、ハッキリ言って好みです。)
でも、パナソニックもそうですが、これからマイクロフォーサーズも力を入れてくるでしょう。凄く、楽しみです。

もう一つ気になったカメラはキャノン EOS M6

【キャノン】Canon EOS M6は使ってみたいカメラ。どんな感じで進化したか?

先日も記事にしましたが、キャノンのEOS M6の進化が気になり、キャノンブースにて触ってきました。

もともと、私はキャノンユーザーだったので、初代のEOS Mを使ってスナップの撮影をしていたました。
その時のEOS Mは、フォーカスがカメのように遅く感じ、夜になるとホントに最悪な状態で撮影をしていて、その後Fujifilmにシフトしてしまいましたが、当時のEOS Mはキャノンも初のミラーレスだったので、あれから数年・・・・期待をして触ってきました。

まだ、発売前なので、データーの持ち出しは禁止でしたが、テスト撮影はできたのでやってきました。

正直な感想は、AFなどの進化は凄い!
というよりは、初代のEOS Mが酷かった感はありますが、キャノンらしはミラーレスでも受け継がれている感じはしました。

ただ、細かい点など気になる個所は色々とありました。
慣れなのでしょうが、操作性がチョット悪い感じがしました。
タッチパネルは便利ですが、も少しスムーズのボタンやダイアルなどで、設定やコントロールが出来ると良いと思いました。

それと、AFは早くなったのですが、トラッキングやコンティニュアスなどはもう少し、あのキャノンのデジタル一眼のようになると魅力的なカメラになると思いました。
今のEOS M6だとイマイチな感はありました。
それと、シャッター音が選べないのが嫌でした。
チョット、今のシャッター音がダサいというか、好きではない感じでした。
でも、それはキャノンならではの音で、それを無くすとキャノンらしくない感じもするので、その辺も好みなのかもしれません。

まだ、発売まであるのでその辺はファームウェアなどで、変更出来るようになるかもしれませんね。

まとめ

帰りに、Fujifilm X100Fの発売日だったので、ヨドバシに寄ってもう一度、カメラを物色して帰ってきましたが、ヨドバシも夜になり客も少なく色々とカメラを試し放題でCP+に行くまでも無かったかな?なんて思いました。www

結果、ヨドバシはカメラを選ぶのに最適な場所と実感しました。

, , ,

【カメラ】Fujifilm 噂のフジノン レンズ!単焦点・ズームレンズ ロードマップなど【レンズ】

f:id:lurecrew:20161029125404j:plain

富士フィルム フジノンのレンズ郡

更新:2017年2月2日

非常に評判の高い富士フィルムのレンズ郡 フジノン レンズ。
次々と、Xシリーズのレンズが発売されています。

そんな富士フィルムのフジノン レンズの噂などをまとめていきたいと思います。

この記事は、今後も更新していきたいと思います。

フジフィルム フジノン レンズ ロードマップ

ロードマップは、2016年7月時点のものです。

f:id:lurecrew:20161029125404j:plain

開発中のフジノンレンズ(噂あり)

  • XF 80mm R LM OIS WR Macro (変更:XF120mmF2.8 R Macro)
  • XF 33mm F1.0 (開発中止?)
  • XF 8-16mm F2.8 WR
  • XF 200mm F2 (もしくはF2.8)

発表の有力なレンズは、XF 50mm F2 R WRとXF 80mm R LM OIS WR Macroのようです。

単焦点のF2シリーズは、XF 23mmとXF 35mmが既に発売されていて、非常に売れているレンズだそうです。
その為、XF 50mm F2は発表が近いかもしれませんね。

発売されたレンズ

まとめ

Fujifilm Xシリーズのボディも魅力的ですが、レンズは本当に楽しみですね。

私が、楽しみにしているのは、XF 8-16mm F2.8 WRなんですが・・・高そうですね。

, , ,

【Fujifilm】X-T2新色・X100F・X20・XF50mmの発売日が決定!予約も開始!

f:id:lurecrew:20170201101647j:plain

2017年 Fujifilmの新商品の発売日が決定

Fujifilm X-T2のグラファイト シルバーエディションは今月16日に発売らしいです。

その他、発表された新商品は23日のようです。

既に、予約が始まってますので、検討されている方は予約しましょう~

FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション

発売日:平成29年2月16日(木)

X-T2のグラファイトシルバー!カッコイイですね。

2台持ちをする人は、この色と黒と2台で色分けするそうです。

f:id:lurecrew:20170201101647j:plain

デジタルカメラ FUJIFILM X-T20 ボディ(シルバー)

発売日:平成29年2月23日(木)

f:id:lurecrew:20170201101738j:plain

デジタルカメラ FUJIFILM X-T20 ボディ(ブラック)

発売日:平成29年2月23日(木)

f:id:lurecrew:20170201101748j:plain

デジタルカメラ FUJIFILM X-T20レンズキット(シルバー)

発売日:平成29年2月23日(木)

デジタルカメラ FUJIFILM X-T20レンズキット(ブラック)

発売日:平成29年2月23日(木)

デジタルカメラ FUJIFILM X100F(シルバー)

発売日:平成29年2月23日(木)

f:id:lurecrew:20170201101846j:plain

デジタルカメラ FUJIFILM X100F(ブラック)

発売日:平成29年2月23日(木)

f:id:lurecrew:20170201101828j:plain

フジノンレンズ XF50mmF2 R WR(ブラック)

発売日:平成29年2月23日(木)

f:id:lurecrew:20170201102021p:plain

フジノンレンズ XF50mmF2 R WR(シルバー)

発売日:平成29年2月23日(木)

まとめ

Amazonの予約だと28日になってますが、もしかしたら早く届くかもしれませんね。
以前も、早く届く人が居たようです。

私も、X100Fを検討中です。

触らせて頂きましたが、出来は最高でした。

, , , ,

【レビュー】Fujifilm X-T2には、やっぱりL型 クイック リリース プレートが便利!

f:id:lurecrew:20170123211029j:plain

アルカスイス規格のL型クイックリリース プレート

ARCA SWISS(アルカスイス)社のアルカスイス規格のL型のクイックリリース プレートは、同じアルカスイス規格の雲台などに取り付けるのに凄く便利です。

Fujifilm X-T2のL型 クイック リリース プレート

AmazonでサードパーティのFujifilm X-T2のL型 クイック リリース プレートがあったので、買ってみました。

f:id:lurecrew:20170123211029j:plain

箱はこんなん。

f:id:lurecrew:20170123211032j:plain

こんな感じのL型プレート

f:id:lurecrew:20170123211036j:plain

上から見た感じ。

バッテリーも、着けたまま取り外しが可能。

f:id:lurecrew:20170123210956j:plain

後ろはこんな感じ。

f:id:lurecrew:20170123211001j:plain

若干、塗装のハゲがあるけど・・・ボディ着けると見えないので、ま~良いでしょう。

f:id:lurecrew:20170123211005j:plain

Fujifilm X-T2に着けると、こんな感じ。

f:id:lurecrew:20170123211009j:plain

このストラップのフックは、こんな感じで避けてます。

当たりそうで当たってない感じ。

f:id:lurecrew:20170123211012j:plain

ここがポイントで、横のフタはこのようにカットしてあると、指が入るので、開け閉めに便利なんです。

Fujifilm X-T1のL型 プレートは、このカットが無いので、開け閉めに凄く不便でした。

f:id:lurecrew:20170123211020j:plain

モニターの可動の干渉もなし。

f:id:lurecrew:20170123211024j:plain

このグリップの部分が伸びて、大きいての人はこの部分が伸びただけでもグリップ感が違ってきます。

これがあると持ちやすくなりました。

まとめ

これは、買って凄く良かったです。

普通に置く時も、傷なども気にせずに気軽に置けますし、もしもといった時もプレートがあれば少しは当たりなども安心ですね。

勿論、クイックリリースの雲台などの取り付けも便利です。

雲台が対応してない場合は、これを買えば使えます。

, , ,

【Fujifilm X-T20】富士フィルム X-T20も意外と良さそうなミラーレスカメラかも!?

f:id:lurecrew:20170121064148j:plain

Fujifilm X-T20でも充分なスペックに!

更新:2017年1月19日

遂に発表になりました。

Fujifilm X-T2の弟分的な存在のFujifilm X-T20!

そんなFujifilm X-T20をみていきましょう!

Fujifilm X-T20の紹介動画

www.youtube.com

Fujifilm X-T20の価格

予約が開始されました。

発売日は、2017年2月28日

Fujjifilm X-T20レンズキット

Fujjifilm X-T20 ボディ

Fujifilm X-T20の外観

まずは、外観から。

f:id:lurecrew:20170121064148j:plain

f:id:lurecrew:20170121064157j:plain

f:id:lurecrew:20170121064203j:plain

f:id:lurecrew:20170121064208j:plain

Fujifilm X-T20のセンサー&プロセッサー

センサー

f:id:lurecrew:20170121143703j:plain

何と言っても、新型のX-Trans CMOS IIIセンサー搭載で2430万画素を実現。

これは、上位機種と同じセンサーなので、画質に関しては同じですね。

プロセッサー

f:id:lurecrew:20170121143718j:plain

プロセッサーもX-Processor Proを搭載。

これも、上位機種と同じ!

どうです?いいでしょ~?

Fujifilm X-T20のオートフォーカス

f:id:lurecrew:20170121144138j:plain

フォーカスに関しては、AF-Cカスタム設定が追加されてます。

これで、粘りのあるコンティニュアス フォーカスが実現。

Fujifilm X-T20に4K動画

f:id:lurecrew:20170121144348j:plain

Fujifilm X-T20にも4K動画ができるようになりました。

Fujifilm X-T20の電子ビューファインダー&チルト式液晶モニター

電子ビューファインダー

f:id:lurecrew:20170121143031j:plain

電子ビューファインダーは、約236万ドットの有機ELファインダーでファインダー視野率100%!

タイムラグも0.005秒ととても優秀。

これに慣れると、デジタル一眼レフには戻れないかも?

f:id:lurecrew:20170121143038j:plain

4枚構成の贅沢な専用ファインダーレンズ

チルト式液晶モニター

f:id:lurecrew:20170121143111j:plain

約104万ドット、3.0型、3:2アスペクトのチルト式TFTカラー液晶モニターを搭載。

静電式タッチパネルディスプレイを採用。撮影モード時には液晶モニターをタッチすることで「タッチフォーカス」「フォーカスエリア選択」「タッチショット」が可能。

ただ、私はタッチパネルはあまり使っていません。

Fujifilm X-T20のControl Mode & Auto Mode

Control Mode

f:id:lurecrew:20170121142320j:plain

コントロール モードでは、プログラム、シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアルなどの切り替えが可能。

電源が入っていなくても、設定が可能で次の撮影に備える事もできる。

露出補正は±3でCポジションにすると±5まで設定が可能

Auto Mode

f:id:lurecrew:20170121142328j:plain

オート モードでは、アドバンスSRオートとなり、風景、夜景、ビーチ、夕焼け、青空、人物、動体などの58パターンからプリセットを選べます。

カメラを始めたばかりの人などには、とても助かる機能ですね。

Fujifilm X-T20のセンサー

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
有効画素数
 約2,430万画素 1,630万画素
センサーサイズ
23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ)
センサー
X-Trans CMOS III X-Trans CMOS II
原色フィルター採用 原色フィルター採用
センサークリーニング
圧電素子による超音波方式 圧電素子による超音波方式

Fujifilm X-T20の記録メディア・記録方式

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
記録メディア
  • SDカード(~2GB)
  • SDHCカード(~32GB)
  • SDXCカード(~256GB)UHS-Ⅰ
  • SDカード(~2GB)
  • SDHCカード(~32GB)
  • SDXCカード(~256GB)UHS-Ⅰ
記録方式
静止画
DCF(*2)準拠
圧縮:Exif Ver.2.3 JPEG準拠、DPOF対応(*3)
非圧縮:14bit RAW(RAF独自フォーマット)/RAW+JPEG
DCF(*2)準拠
圧縮:Exif Ver.2.3 JPEG準拠、DPOF対応(*3)
非圧縮:RAW(RAF独自フォーマット)/RAW+JPEG
動画
ファイル記録形式:MOV
圧縮方式:MPEG-4 AVC/H.264準拠
音声記録方式:リニアPCM ステレオ(48KHzサンプリング)
ファイル記録形式:MOV
圧縮方式:H.264準拠
音声記録方式:リニアPCM ステレオ
記録画素数
[L]
<3:2>6000×4000
<16:9>6000×3376
<1:1>4000×4000
<3:2>4896×3264
<16:9>4896×2760
<1:1>3264×3264
[M]
<3:2>4240×2832
<16:9>4240×2384
<1:1>2832×2832
<3:2>3456×2304
<16:9>3456×1944
<1:1>2304×2304
[S]
<3:2>3008×2000
<16:9>3008×1688
<1:1>2000×2000
<3:2>2496×1664
<16:9>2496×1408
<1:1>1664×1664
パノラマ撮影時
  • [L] (縦)2160×9600 / (横)9600×1440
  • [M](縦)2160×6400 / (横)6400×1440
  • [L] (縦)2160×9600 / (横)9600×1440
  • [M] (縦)2160×6400 / (横)6400×1440

Fujifilm X-T20のマウント・撮影感度・測光方式・露出制御・露出補正

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
レンズマウント
 FUJIFILM Xマウント  FUJIFILM Xマウント
撮影感度
標準出力感度
AUTO1
AUTO2
AUTO3
ISO200~12800(1/3EVステップ)
AUTO(ISO6400まで設定可能)
ISO200~6400(1/3ステップ)(標準出力感度)
拡張モード
ISO100/25600/51200 ISO100/12800/25600/51200
測光方式
TTL256分割測光 マルチ
スポット
アベレージ
中央重点
TTL256分割測光 マルチ
スポット
アベレージ
露出制御
P(プログラムAE)
A(絞り優先AE)
S(シャッタースピード優先AE)
M(マニュアル露出)
プログラムAE
絞り優先AE
シャッタースピード優先AE
マニュアル露出
露出補正
 -5.0EV~+5.0EV
1/3EVステップ(動画撮影時は-2.0EV~+2.0EV 1/3EVステップ)
-3.0EV~+3.0EV
1/3EVステップ(動画撮影時は-2.0EV~+2.0EV)

Fujifilm X-T20のシャッター

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
シャッター形式
 電磁制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター 電磁制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード
メカニカルシャッター
4秒~1/4000秒(Pモード時)
30秒~1/4000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)
TIME:30秒~1/4000秒
4秒~1/4000秒(Pモード時)
30秒~1/4000秒(全モード合わせて)
TIME(30秒~1/4000秒)
バルブ(最長60分)
電子シャッター
4秒~1/32000秒(Pモード時)
30秒 ~ 1/32000秒(全モード合わせて)
バルブ:1秒固定
TIME:30秒~1/32000秒
1秒~1/32000秒
メカ+電子シャッター
4秒~1/32000秒(Pモード時)、30秒~1/32000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)、TIME:30秒~1/32000秒
フラッシュ同調速度
1/180秒以下 1/180秒以下
高速連写
約14.0コマ/秒 約8.0コマ/秒
オートブラケティング
AEブラケティング(±2EV/±5/3EV/±4/3EV/±1EV/±2/3EV/±1/3EV)
フィルムシミュレーションブラケティング(3種類選択可能)
ダイナミックレンジブラケティング(100%・200%・400%)
ISO感度ブラケティング(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
ホワイトバランスブラケティング(±1/±2/±3)
AEブラケティング(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
フィルムシミュレーションブラケティング(3種類選択可能)
ダイナミックレンジブラケティング(100%・200%・400%)
ISO感度ブラケティング(±1/3EV/±2/3EV/±1EV)
ホワイトバランスブラケティング(±1/±2/±3)
セルフタイマー
 10秒/2秒 10秒/2秒
インターバルタイマー撮影
 あり(撮影間隔、撮影回数、開始時刻設定 ) あり(撮影間隔、撮影回数、開始時刻設定 )

Fujifilm X-T20のフォーカス

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
モード
シングルAF/コンティニュアスAF/MF(リング回転式) シングルAF/コンティニュアスAF/MF(リング回転式)
AF方式
インテリジェントハイブリッドAF:TTLコントラストAF/TTL位相差AF、AF補助光付き インテリジェントハイブリッドAF(TTLコントラストAF/位相差AF)
AF補助光付
AFフレーム選択
シングルポイントAF: 13×7/25×13のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)、
ゾーンAF:13×7の91エリアより3×3/5×5/7×7選択
ワイド/トラッキングAF:多点表示(最大18点) 
※AF-S:ワイド ※AF-C:トラッキング
シングルポイントAF:7×7の49エリア選択(フォーカス枠サイズ可変)
ゾーンAF:11×7の77エリアより3×3/5×3/5×5選択
ワイド/トラッキングAF:11×7の77エリア自動選択

Fujifilm X-T20のファインダー

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
電子ビューファインダー
0.39型有機ELファインダー 約236万ドット(視野率 約100%) 0.39型 有機ELファインダー 約236万ドット 視野率約100%
アイポイント
約17.5mm(接眼レンズ最後尾から) 約17.5mm(接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲
-4~+2m-1 -4m-1~+2m-1
ファインダー倍率
0.62倍 (35mm判換算50mmレンズ、無限遠、視度-1.0m-1のとき)
対角視野:約30°(水平視野:約25°)
アイセンサー付き
0.62倍 (35mm判換算50mm レンズ、無限遠、視度 -1.0m-1 のとき)
対角視野 約30度(水平視野 約25度)
アイセンサー付き

Fujifilm X-T20の液晶モニター

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
サイズ 3.0型 3:2アスペクト 3.0型 3:2アスペクト
タッチパネル あり なし
モニター方式 チルト式TFTカラー液晶モニター チルト式TFTカラー液晶モニター
解像度 約104万ドット 約92万ドット
タッチパネル機能
撮影時 ショット
AF
フォーカスエリア
OFF 
再生時 スワイプ
マルチタップ(ピンチアウト、ピンチイン)
ダブルタップ
ドラッグ

視野率 100% 100%

Fujifilm X-T20の動画

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
4K 3840×2160
29.97p
25p
24p
23.98p 
100Mbps 連続最大 約10分まで
Full HD 1920×1080
59.94p
50p
29.97p
25p
24p
23.98p
36Mbps 連続最大 約15分まで
1920×1080
60p
50p
30p
25p
24p連続最大 約14分まで
HD 1280×720
59.94p
50p
29.97p
25p
24p
23.98p 
18Mbps 連続最大 約30分まで
1280×720
60p
50p
30p
25p
24p連続最大 約27分まで

Fujifilm X-T20のフラッシュ

FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
方式
手動ポップアップ式 TTL調光フラッシュ(スーパーiフラッシュ) 手動ポップアップ式 CMOS調光によるオートフラッシュ(スーパーiフラッシュ)
ガイドナンバー
GN約7(ISO200・m)/GN約5(ISO100・m) ガイドナンバー:約5(ISO100・m)/約7(ISO200・m)
フラッシュ発光モード
 TTL(フラッシュ発光AUTO、スタンダード、スローシンクロ)、発光禁止 、コマンダー、マニュアル

同調モード
先幕/後幕/AUTO FP(HSS)
赤目補正OFF 時
オート/強制発光/発光禁止/スローシンクロ/後幕シンクロ/コマンダー
赤目補正ON 時
赤目軽減オート/赤目軽減+強制発光/発光禁止/赤目軽減+スローシンクロ/赤目軽減+後幕シンクロ/コマンダー
  • * 赤目補正は顔キレイナビON時に有効
アクセサリーシュー
 あり(TTLフラッシュ対応) あり(TTLフラッシュ対応)
FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
手ブレ補正
 手ブレ補正機能付きレンズで対応 手ブレ補正機能付きレンズで対応
顔検出機能
 あり  あり
ホワイトバランス
 シーン自動認識オート
カスタム
色温度(ケルビン値)選択(2500K~10000K)
プリセット(晴れ/日陰/昼光色蛍光灯/昼白色蛍光灯/白色蛍光灯/電球/水中)
シーン自動認識オート
カスタム
色温度(ケルビン値)選択(2500K〜10000K)
プリセット(晴天/日陰/昼光色蛍光灯/昼白色蛍光灯/白色蛍光灯/電球/水中)
フィルムシミュレーションモード
  • 15モード
  • PROVIA
  • スタンダード
  • Velvia/ビビッド
  • ASTIA/ソフト
  • クラシッククローム
  • PRO Neg.Hi
  • PRO Neg.Std
  • モノクロ
  • モノクロ+Yeフィルター
  • モノクロ+Rフィルター
  • モノクロ+Gフィルター
  • セピア
  • ACROS
  • ACROS+Yeフィルター
  • ACROS+Rフィルター
  • ACROS+Gフィルター
  • 11モード
  • PROVIA/スタンダード
  • Velvia/ビビッド
  • ASTIA/ソフト
  • クラシッククローム
  • PRO Neg.Hi
  • PRO Neg.Std
  • モノクロ
  • モノクロ+Yeフィルター
  • モノクロ+Rフィルター
  • モノクロ+Gフィルター
  • セピア
グレイン・エフェクト
強、弱、OFF
ダイナミックレンジ設定
 AUTO、100%、200%、400% AUTO、100%、200%、400%
アドバンストフィルター
  •  トイカメラ
  • ミニチュア
  • ポップカラー
  • ハイキー
  • ローキー
  • ダイナミックトーン
  • ソフトフォーカス
  • パートカラー
    レッド
    オレンジ
    イエロー
    グリーン
    ブルー
    パープル
  • トイカメラ
  • ミニチュア
  • ポップカラー
  • ハイキー
  • ローキー
  • ダイナミックトーン
  • ソフトフォーカス
  • パートカラー
    レッド
    オレンジ
    イエロー
    グリーン
    ブルー
    パープル
その他静止画撮影時機能
  • アドバンストSRオート
  • 顔検出/瞳AF設定
  • 赤目補正機能
  • カスタム設定
  • パノラマ
  • 色空間
  • カラー選択
  • シャープネス選択
  • ダイナミックレンジ選択
  • 階調選択
  • フレーミングガイド
  • コマNO. メモリー
  • ヒストグラム表示
  • 被写界深度確認
  • 点像復元処理
  • プリAF
  • フォーカスチェック
  • フォーカスピーキング
  • デジタルスプリットイメージ™(*5)
  • 電子水準器
  • 多重露出、レリーズ優先/フォーカス優先選択
  • ファンクションボタン設定
  • 感度AUTO制御
  • ワンプッシュAFの動作(AF-S/AF-C切替)
  • AF-Cカスタム設定
  • 半押しAF
  • 半押しAE
  • AF-ON
  • 測光AFエリア連動
  • AFエリア選択
  • AE-L(露出固定)
    AF-L(フォーカス固定)設定
  • Qメニューのカスタマイズ
  • シャッター方式
  • タッチパネル設定
  • アドバンストSRオート
  • 瞳AF
  • 顔キレイナビ(顔検出機能)
  • インターバルタイマー撮影
  • 赤目補正機能
  • カスタム設定
  • ぐるっとパノラマ
  • カラースペース選択
  • カラー選択
  • シャープネス選択
  • ダイナミックレンジ選択
  • 階調選択
  • フィルムシミュレーション選択
  • アドバンストフィルター
  • フレーミングガイド
  • コマNO. メモリー
  • ヒストグラム表示
  • 被写界深度確認
  • 点像復元処理
  • プリAF
  • フォーカスチェック
  • フォーカスピーキング
  • デジタルスプリットイメージ™(*5)
  • 電子水準器
  • 多重露出撮影
  • レリーズ優先/フォーカス優先選択
  • 7キーのファンクションボタン設定(RAW、動画など)
  • 感度AUTO制御
  • ワンプッシュAFの動作(AF-S/AF-C切替)
  • 測光AFエリア連動
  • AFエリアダイレクト選択
  • AE-L(露出固定)
    AF-L(フォーカス固定)ボタンの機能入れ替え
  • Qメニューのカスタマイズ
  • マニュアル露出時表示
  • シャッター方式
再生時機能
  •  カメラ内RAW現像
  • 画像回転
  • 縦横自動回転再生
  • 顔検出機能
  • 赤目補正機能
  • フォトブックアシスト
  • 複数指定消去
  • マルチ再生(マイクロサムネイル機能付き)
  • スライドショー
  • プロテクト
  • トリミング
  • リサイズ
  • パノラマ再生
  • お気に入り
  • カメラ内RAW現像
  • 画像回転
  • 縦横自動回転再生
  • 顔キレイナビ(顔検出機能)
  • 赤目補正機能
  • フォトブックアシスト
  • 複数指定消去
  • ピクチャーサーチ
  • マルチ再生(マイクロサムネイル機能付き)
  • スライドショー
  • アップロード先設定
  • プロテクト
  • トリミング
  • リサイズ
  • パノラマ再生
  • お気に入り
ワイヤレス転送部
準拠規格
IEEE802.11b/g/n(無線LAN 標準プロトコル)
暗号化方式
WEP/WPA/WPA2 mixed mode
アクセス方式
インフラストラクチャーモード
準拠規格
IEEE802.11b/g/n(無線LAN 標準プロトコル)
アクセス方式
インフラストラクチャーモード
ワイヤレス機能
  • 位置情報サーチ
  • スマートフォンへの画像送信
  • スマートフォンからの画像閲覧
  • リモート撮影機能
  • PC自動保存機能
  • instaxプリンタープリント
  • 位置情報サーチ
  • スマートフォンへの画像送信
  • スマートフォンからの画像閲覧
  • リモート撮影機能
  • PC自動保存機能
  • instaxプリンタープリント
その他の機能
  • Exif Print 対応
  • PRINT Image Matching II 対応
  • 言語設定(日/英含む35言語)
  • 世界時計(時差設定)
  • 電子音&フラッシュOFF
  • ハイパフォーマンス設定
  • マニュアル時モニター露出反映
  • LCD明るさ
  • LCD鮮やかさ
  • モニター撮影効果反映
  • 画面のカスタマイズ
  • 著作権情報
  • PictBridge 対応
  • Exif Print 対応
  • PRINT Image Matching II 対応
  • 言語設定(日/英含む35言語)
  • 世界時計(時差設定)
  • 電子音&フラッシュOFF
  • クイック起動
  • ハイパフォーマンス
  • マニュアル時モニター露出反映
  • モニター晴天モード、EVF明るさ
  • EVF鮮やかさ
  • LCD明るさ
  • LCD鮮やかさ
  • モニター撮影効果反映
  • 画面のカスタマイズ
入出力端子
FUJIFILM X-T20 FUJIFILM X-T10
デジタル入出力
USB2.0(High-Speed)/マイクロUSB端子

  • * リモートレリーズ端子兼用:RR-90(別売)用
HDMI出力
HDMIマイクロ端子(Type D)
USB2.0(High-Speed)/マイクロUSB端子

  • * リモートレリーズ端子兼用:RR-90(別売)用
HDMI出力
HDMIマイクロ端子(Type D)
その他 ø2.5mm マイク/リモートレリーズ端子 ø2.5mm マイク/リモートレリーズ端子
電源
充電式バッテリー NP-W126S NP-W126
寸法・質量
本体外形寸法 (幅)118.4mm
(高さ)82.8mm
(奥行き)41.4mm (奥行き最薄部 31.9mm)
(幅)118.4mm
(高さ)82.8mm
(奥行き)40.8mm
(奥行き最薄部 31.9mm)
撮影時質量 約383g(付属バッテリー、メモリーカード含む) 約381g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
本体質量 約333g(バッテリー、メモリーカード含まず) 約331g(バッテリー、メモリーカード含まず)
動作環境
温度 0℃~40℃ 0℃~+40℃
湿度 10%~80%(結露しないこと) 10%~80%(結露しないこと)
起動時間  約0.4秒 約0.5秒(ハイパフォーマンスモードON時)
約1.0秒(ハイパフォーマンスモードOFF時)
付属品
  • 充電式バッテリー N P-W126S(リチウムイオンタイプ)
  • バッテリーチャージャー BC-W126
  • ボディーキャップ
  • ストラップリング取り付け補助具
  • ストラップリング
  • ストラップリングカバー
  • ショルダーストラップ
  • 使用説明書保証書一式
  • 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ)
  • バッテリーチャージャーBC-W126
  • ショルダーストラップ
  • ボディーキャップ
  • ストラップリング
  • ストラップリングカバー
  • ストラップリング取り付け補助具
  • 使用説明書、保証書一式
略称 F X-T20-B(ブラック)
F X-T20-S(シルバー)
F X-T10-S(シルバー)
F X-T10-B(ブラック)

Fujjifilm X-T20レンズキット

Fujjifilm X-T20 ボディ

Fujifilm X-T20のスペック予測

2017年1月18日

【ソース元】http://www.fujirumors.com/

  • 112,860 yen
  • 24.3メガピクセルローパスフィルタレスX – Trans CMOS III
  • 画像処理エンジン:X-Processor Pro
  • 325ポイント選択可能インテリジェントハイブリッド位相差AF
  • 動画:4K 30fps
  • 液晶:3タイプタッチパネルチルト液晶
  • EVF:236万ドット有機EL 54 fps
  • 連続:8フレーム/秒(電子シャッターで14フレーム/秒)
  • フィルムシミュレーション “ACROS”
  • バッテリー:NP-W126S
  • キットレンズ:XF18 – 55 mm F 2.8 – 4 R LM OIS(海外のXCキットもチェックしてください)
  • 電子シャッターの最高速度は1/32000秒
  • カスタマイズ可能なメニューシステム(マイメニュー)
  • 撮影可能枚数は350枚
  • 露出補正はプラスまたはマイナス5 EVです

まとめ

仕上がり具合を見ると良いんじゃないか?という感じですね。

以前のX-T10もそうですが、基本的にはX-T2の弟分的な存在ですから、それ程機能には大きな差はない感じですね。

防塵防滴などを考えるとやっぱりX-T2を選ばないと・・と考えますが、それ意外でしたら全然X-T20はアリだと思います。

X-T2を持っていればX-T20をサブ機でも良いのではないでしょうか?

それくらい、充分に使える機種だと思います。

Fujjifilm X-T20レンズキット

Fujjifilm X-T20 ボディ