, ,

【Illustrator】シルエット画像をAdobe Illustratorでパス作成する。

スポンサーリンク

[記事公開日]:2016/11/08

f:id:lurecrew:20161108125952p:plain

先日、購入したカッティングマシンのシルエット カメオ2で、カッティングをするのに素材をパス作成する必要があり、Illustratorを使ってアウトライン化しました。

pngやjpeg、bmpなどの画像をパス作成していきます。

Illustratorでアウトライン作成の方法

helpx.adobe.com

画像トレースを使用

※Illustrator CS6以降の機能になります。

オブジェクトを選択して、画像トレースから写真(低精度)を選択

f:id:lurecrew:20161108125952p:plain

次に、表示:トレース結果とアウトラインを選択

f:id:lurecrew:20161108130211p:plain

※画像トレースの詳細設定

ウィンドウから「画像トレース」を選択すると詳細窓が開きます。

こちらで、細かく設定が可能です。

f:id:lurecrew:20161108130342p:plain

終わると、このようにアウトライン化されてるのが見れます。

次に、パス作成するのに、上の「拡張」ボタンを押します。

f:id:lurecrew:20161108130259p:plain

画像のパス変換

「拡張」ボタンを押すと、このようにパス変換されます。

これで、シルエット カメオ2でのカットが可能になります。

f:id:lurecrew:20161108130737p:plain

まとめ

これを使えば、シルエット カメオ2であんな画像やこんな画像がカットできます。

むふふ

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでLURECREWをフォローしよう!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です